会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

舌側エナメル質形態とブラケットのせん断接着強さに及ぼすNd:YAGレーザーと酸化アルミニウムサンドブラスト前処理の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Investig.2020 Jun;10.1007/s00784-020-03418-x. doi: 10.1007/s00784-020-03418-x.Epub 2020-06-30.

舌側エナメル質形態とブラケットのせん断接着強さに及ぼすNd:YAGレーザーと酸化アルミニウムサンドブラスト前処理の影響

The lingual enamel morphology and bracket shear bond strength influenced by Nd:YAG laser and aluminum oxide sandblasting preconditioning.

  • Mônica Schäffer Lopes
  • Daísa Lima Pereira
  • Cláudia Cristina Brainer de Oliveira Mota
  • Marcello Magri Amaral
  • Denise Maria Zezell
  • Anderson Stevens Leonidas Gomes
PMID: 32607827 DOI: 10.1007/s00784-020-03418-x.

抄録

目的:

本研究では、Nd:YAGレーザーと酸化アルミニウムサンドブラストが舌側ブラケットのせん断接着強さ(SBS)に及ぼす影響を調査し、エナメル質形態の挙動を光学的に解析することを目的とした。

OBJECTIVES: This study aimed to investigate the influence of Nd:YAG laser and aluminum oxide sandblasting on the shear bond strength (SBS) of lingual brackets and to optically analyze the behavior of the enamel morphology.

材料および方法:

ウシの切歯35本を、表面の前処理により5群(n=7)に分けた。G1、対照群、G2、Nd:YAGレーザー、G3、レーザー+酸化アルミニウムサンドブラスト(AlO)、G4、AlO、およびG5、AlO+レーザー。全群ともに、72時間後にリンガルブラケットを接着し、せん断脱ボンドを行った。 SBS値を解析し、表面の前処理前と後のエナメル質の形態を光学コヒーレンストモグラフィー(OCT)と走査型電子顕微鏡(SEM)で評価した。光学的減衰係数(α)の解析は、OCT画像から行った。データ解析は、ANOVA検定を使用し、その後、ポストホックTukey検定、Kruskal Wallis検定、およびポストホックDunn検定(5%の有意性)を行った。

MATERIALS AND METHODS: Thirty-five bovines' incisors teeth were divided into 5 groups (n = 7), according to the surface preconditioning: G1, control group; G2, Nd:YAG laser; G3, laser + aluminum oxide sandblasting (AlO); G4, AlO; and G5, AlO + laser. All groups had lingual brackets bonded and shear debonded after 72 h. SBS values were analyzed, and the enamel morphology was evaluated by optical coherence tomography (OCT) and scanning electron microscope (SEM), before and after preconditioning surface. The optical attenuation coefficient (α) analysis was obtained from OCT images. Data analysis used the ANOVA test, followed by post hoc Tukey, Kruskal Wallis, and post hoc Dunn tests (significance of 5%).

結果:

SBS値は各群間で同様の値を示したが,αの値はG3とG5の間で他の群と統計的に差があった(p値=0.0124).光学分析の結果,G2とG5ではレーザー照射を受けたエナメル質の融解が,G4では結晶表面の乱れが認められた.また,サンドブラスト処理により,レーザー効果による溶融は部分的に除去されている(G3).

RESULTS: The SBS values presented similarly among groups, but the value of α showed statistical difference (p-value = 0.0124) between G3 and G5 with the others. Optical analyses indicated a melting on the enamel that suffered laser irradiation for G2 and G5 and crystal surface disorganization for G4. Sandblasting partially removes the melting of the laser effect (G3).

結論:

サンドブラストは舌側ブラケットを接着するためのディスペンサブルステップであり、レーザー照射後のエナメル質の溶融はブラケットの接着性を損なうことはありません。

CONCLUSION: The sandblasting is a dispensable step for bonding lingual brackets, and the melting of the enamel after laser irradiation does not compromise the bracket adhesive resistance.

臨床応用:

Nd:YAGレーザーは、遺伝的にう蝕のリスクが高い患者に全身的な影響を与えることなく、う蝕を予防し、矯正治療における白斑病変の有病率を低下させるための興味深いツールとなった。

CLINICAL RELEVANCE: The Nd:YAG laser became an interesting tool to prevent caries and decrease prevalence of white spot lesions in orthodontic treatments, without systemic effects in patients with genetic high risks of caries.