会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ミリピード088の頭蓋内吸引カテーテルの前臨床評価は、死体とin vitro血栓切除モデルで行われた | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Neurointerv Surg.2020 Jun;neurintsurg-2020-016218. doi: 10.1136/neurintsurg-2020-016218.Epub 2020-06-30.

ミリピード088の頭蓋内吸引カテーテルの前臨床評価は、死体とin vitro血栓切除モデルで行われた

Preclinical evaluation of Millipede 088 intracranial aspiration catheter in cadaver and in vitro thrombectomy models.

  • Seán Fitzgerald
  • David Ryan
  • John Thornton
  • Raul G Nogueira
PMID: 32606100 DOI: 10.1136/neurintsurg-2020-016218.

抄録

背景:

大口径の吸引カテーテルは、急性期脳卒中再灌流の速度と完全性を大幅に向上させることが期待されている。

BACKGROUND: Larger bore aspiration catheters are expected to significantly improve the speed and completeness of acute stroke revascularization.

目的:

新規8Fr吸引カテーテルMillipede 088(Perfuze Ltd)のナビゲーショ ン性と血栓除去性能を評価するために、凍結したばかりの死体とin vitro血栓摘出モデルを用いてそれぞれ評価した。

OBJECTIVE: To evaluate the navigability and clot retrieval performance of a novel 8Fr aspiration catheter, Millipede 088 (Perfuze Ltd), using fresh-frozen cadavers and an in vitro thrombectomy model, respectively.

方法:

頭蓋内動脈のカテーテル検査は、6体の被験者を対象に実施され、12本の中大脳動脈(MCA)と6本の基底動脈へのナビゲーションの評価が可能となった。コントロールとして市販の6Fr吸引カテーテル(SOFIA Plus、Microvention)を使用した。 赤血球リッチ、混合型、フィブリン/血小板リッチの3種類のヒト血栓表現型が作成された。内頸動脈(ICA)とMCA-M1の閉塞をもたらす2つの血栓サイズを検討した。エンドポイントはファーストパス効果(FPE),ファーストパス完全摂取,セカンドパス再灌流であった。

METHODS: Transfemoral catheterization of the intracranial arteries was performed in six cadavers, allowing evaluation of navigation to 12 middle cerebral arteries (MCAs) and six basilar arteries. Commercially available 6Fr aspiration catheters (SOFIA Plus, Microvention) were used as controls. Three human blood clot phenotypes were created; red blood cell-rich, mixed, and fibrin/platelets-rich. Two clot sizes, resulting in occlusion of the internal carotid artery (ICA) and MCA-M1 were investigated. Endpoints were first-pass effect (FPE), first-pass complete ingestion, and second-pass recanalization.

結果:

Millipede 088とSOFIA Plusの両デバイスは、それぞれ10/12と2/2のナビゲーションでMCA-M1遠位部と眼底動脈に到達した。ナビゲーションに失敗した2つの例では、どちらのデバイスも眼科動脈を通過することができなかった。 長さ10mmのM1閉塞において、Millipede 088は100% FPEを達成したのに対し、6Frデバイスでは40%であった(p>0.001)。長さ20mmのICA閉塞において、Millipede 088は2回のパスで100%の血栓除去に成功したが、6Frデバイスでは平均27%であった(p>0.001)。

RESULTS: Both the Millipede 088 and SOFIA Plus devices reached the distal MCA-M1 and the basilar artery in 10/12 and 2/2 of the navigation attempts, respectively. In the two instances of unsuccessful navigation, neither device was able to cross the ophthalmic artery. In 10 mm long M1 occlusions, Millipede 088 achieved 100% FPE versus 40% for 6Fr devices (p>0.001). In 20 mm long ICA occlusions, Millipede 088 achieved 100% removal success within two passes in each clot phenotype compared with an average of 27% for 6Fr devices (p>0.001).

結論:

MCA-M1および基底動脈へのMillipede 088カテーテルのナビゲーションは、キャダバーモデルで実現可能である。Millipede 088は、インビトロ血管モデルにおいて、3つの代表的な閉塞部位における血栓表現型に対して6Fr吸引カテーテルよりも優れていることを示した。

CONCLUSIONS: Navigation of the Millipede 088 catheter to the MCA-M1 and basilar artery is feasible in a cadaver model. Millipede 088 demonstrates superiority over 6Fr aspiration catheters for three representative clot phenotypes at the most common sites of occlusion in an in vitro vasculature model.

© Author(s) (or their employer(s)) 2020. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.