会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

血小板リッチフィブリンは、歯肉線維芽細胞における過酸化水素誘導細胞死を中和することができる。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Antioxidants (Basel).2020 06;9(6). E560. doi: 10.3390/antiox9060560.Epub 2020-06-26.

血小板リッチフィブリンは、歯肉線維芽細胞における過酸化水素誘導細胞死を中和することができる。

Platelet-Rich Fibrin Can Neutralize Hydrogen Peroxide-Induced Cell Death in Gingival Fibroblasts.

  • Zahra Kargarpour
  • Jila Nasirzade
  • Francesca Di Summa
  • Layla Panahipour
  • Richard J Miron
  • Reinhard Gruber
PMID: 32604944 DOI: 10.3390/antiox9060560.

抄録

過酸化水素は慢性炎症部位でのダメージシグナルである。血小板が豊富なフィブリン(PRF)、血小板が乏しい血漿(PPP)、バフィーコートが過酸化水素の毒性を中和し、それによって局所的な酸化ストレスを打ち消すことができるかどうかが問題となっている。本研究では、歯肉線維芽細胞を、PRF膜、PPP、加熱PPP(75℃、10分間)、およびバフィーコートから得られた溶解物の有無にかかわらず、過酸化水素に曝露した。細胞生存率は、トリパンブルー染色、ライブデッド染色、およびフォルマザン結晶形成によって調べた。細胞のアポトーシスは、切断されたカスパーゼ-3ウエスタンブロット分析によって評価した。逆転写-定量的ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)は、線維芽細胞におけるカタラーゼの発現に対するPRF溶解物の影響を決定するために利用された。その結果、PRF、PPP、およびバフィーコート(PPPは加熱していない)のライセートは、歯肉線維芽細胞における過酸化水素誘発毒性を同化することが報告された。壊死は膜の完全性の喪失によって確認され、アポトーシスはカスパーゼ-3の切断の欠如によって除外された。カタラーゼ阻害剤であるアミノトリアゾールはPRF溶解物の細胞保護活性を低下させたが、メルカプトスクシネートによるグルタチオンペルオキシダーゼのブロッキングは同様の効果を示さなかった。PRF溶解物は歯肉線維芽細胞におけるカタラーゼの発現に影響を与えなかった。これらの知見は、PRF、PPP、およびバフィーコートが、熱に敏感なカタラーゼの放出を介して過酸化水素を中和することができることを示唆している。

Hydrogen peroxide is a damage signal at sites of chronic inflammation. The question arises whether platelet-rich fibrin (PRF), platelet-poor plasma (PPP), and the buffy coat can neutralize hydrogen peroxide toxicity and thereby counteract local oxidative stress. In the present study, gingival fibroblasts cells were exposed to hydrogen peroxide with and without lysates obtained from PRF membranes, PPP, heated PPP (75 °C for 10 min), and the buffy coat. Cell viability was examined by trypan blue staining, live-dead staining, and formazan crystal formation. Cell apoptosis was assessed by cleaved caspase-3 Western blot analysis. Reverse transcription-quantitative polymerase chain reaction (RT-PCR) was utilized to determine the impact of PRF lysates on the expression of catalase in fibroblasts. It was reported that lysates from PRF, PPP, and the buffy coat-but not heated PPP-abolished the hydrogen peroxide-induced toxicity in gingival fibroblasts. Necrosis was confirmed by a loss of membrane integrity and apoptosis was ruled out by the lack of cleavage of caspase-3. Aminotriazole, an inhibitor of catalase, reduced the cytoprotective activity of PRF lysates yet blocking of glutathione peroxidase by mercaptosuccinate did not show the same effect. PRF lysates had no impact on the expression of catalase in gingival fibroblasts. These findings suggest that PRF, PPP, and the buffy coat can neutralize hydrogen peroxide through the release of heat-sensitive catalase.