会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

バイオ応用における近赤外分光法。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Molecules.2020 Jun;25(12). E2948. doi: 10.3390/molecules25122948.Epub 2020-06-26.

バイオ応用における近赤外分光法。

Near-Infrared Spectroscopy in Bio-Applications.

  • Krzysztof B Beć
  • Justyna Grabska
  • Christian W Huck
PMID: 32604876 DOI: 10.3390/molecules25122948.

抄録

近赤外(NIR)分光法は、バイオサイエンスと関連分野の分野全体で特定のスポットを占めています。その特徴と応用可能性は、赤外(IR)やラマン分光法とは異なります。この振動分光法は、オーバートンや組み合わせ励起に起因する吸収帯を測定することにより、試料から分子情報を解明するものである。近年、装置(小型化された分光器など)や分光分析法(分光画像処理・分析、NIRスペクトルの量子化学計算など)が大幅に進歩し、その応用性に大きな影響を与えている。本レビューは、成熟した技術としてのNIR分光法を紹介することを目的としているが、広く理解されている生物学的応用を通して、いくつかの方向性でさらなる発展の可能性を秘めている。その実用的な価値を批判的に評価し、競合する技術と比較する。また、近赤外分光法のバイオ応用の可能性を、その基本的な特性やNIRスペクトルの主な特徴と結びつけるために注意が払われている。

Near-infrared (NIR) spectroscopy occupies a specific spot across the field of bioscience and related disciplines. Its characteristics and application potential differs from infrared (IR) or Raman spectroscopy. This vibrational spectroscopy technique elucidates molecular information from the examined sample by measuring absorption bands resulting from overtones and combination excitations. Recent decades brought significant progress in the instrumentation (e.g., miniaturized spectrometers) and spectral analysis methods (e.g., spectral image processing and analysis, quantum chemical calculation of NIR spectra), which made notable impact on its applicability. This review aims to present NIR spectroscopy as a matured technique, yet with great potential for further advances in several directions throughout broadly understood bio-applications. Its practical value is critically assessed and compared with competing techniques. Attention is given to link the bio-application potential of NIR spectroscopy with its fundamental characteristics and principal features of NIR spectra.