会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Cryptosporidium parvumとCryptosporidium baileyiの卵胞の維持と増幅のためのニワトリ胚モデル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur. J. Protistol..2020 Jun;75:125718. S0932-4739(20)30048-1. doi: 10.1016/j.ejop.2020.125718.Epub 2020-06-04.

Cryptosporidium parvumとCryptosporidium baileyiの卵胞の維持と増幅のためのニワトリ胚モデル

A chicken embryo model for the maintenance and amplification of Cryptosporidium parvum and Cryptosporidium baileyi oocysts.

  • Nikola Holubová
  • Bohumil Sak
  • Tereza Schulzová
  • Roman Konečný
  • Michael Rost
  • Lenka Tůmová
  • John McEvoy
  • Martin Kváč
PMID: 32604041 DOI: 10.1016/j.ejop.2020.125718.

抄録

クリプトスポリジウム(Cryptosporidium)は脊椎動物の呼吸器や消化管に生息するアピコンプレックス型寄生虫の属である。これらの寄生虫の研究は、モデルとなる宿主が不足しているために制限されている。本研究では、胚の段階での感染がニワトリにおけるクリプトスポリジウムの卵胞の伝播をどの程度促進するかを調べることを目的とした。9日齢のニワトリの胚と1日齢のニワトリを、異なる用量のクリプトスポリジウム・バイレイとクリプトスポリジウム・パルバムのオシストに実験的に感染させた。孵化後、すべてのニワトリで感染が確認されたが、感染量は感染の経過に影響を与えなかった。胚として感染したニワトリは、孵化直後に卵子嚢を排出し、感染の過程で1日齢として感染したニワトリよりも有意に多くの卵子嚢を排出した。胚として感染したニワトリでは、C. baileyiは脳を除くすべての臓器で検出されたが、C. parvumは消化管と気管でのみ検出された。1日齢のニワトリでは、C. baileyiは消化管と気管でのみ検出された。C. baileyi に胚として感染したニワトリは、孵化後 16 日以内に死亡した。他の鶏はすべて感染を免れました。胚としてのニワトリの感染は、C. baileyi と C. parvum の伝播のための効果的で簡単なモデルとして使用することができます。

Cryptosporidium is a genus of apicomplexan parasites that inhabit the respiratory and gastrointestinal tracts of vertebrates. Research of these parasites is limited by a lack of model hosts. This study aimed to determine the extent to which infection at the embryo stage can enhance the propagation of Cryptosporidium oocysts in chickens. Nine-day-old chicken embryos and one-day-old chickens were experimentally infected with different doses of Cryptosporidium baileyi and Cryptosporidium parvum oocysts. Post hatching, all chickens had demonstrable infections, and the infection dose had no effect on the course of infection. Chickens infected as embryos shed oocysts immediately after hatching and shed significantly more oocysts over the course of the infection than chickens infected as one-day-olds. In chickens infected as embryos, C. baileyi was found in all organs except the brain whereas, C. parvum was only found in the gastrointestinal tract and trachea. In chickens infected as one-day-olds, C. baileyi was only found in the gastrointestinal tract and trachea. Chickens infected as embryos with C. baileyi died within 16 days of hatching. All other chickens cleared the infection. Infection of chickens as embryos could be used as an effective and simple model for the propagation of C. baileyi and C. parvum.

Copyright © 2020 Elsevier GmbH. All rights reserved.