国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

嚢胞性線維症患者における非結核性マイコバクテリア分離の危険因子:メタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pediatr. Pulmonol..2020 Jun;doi: 10.1002/ppul.24913.Epub 2020-06-30.

嚢胞性線維症患者における非結核性マイコバクテリア分離の危険因子:メタアナリシス

Risk factors for nontuberculous mycobacterial isolation in patients with cystic fibrosis: a meta-analysis.

  • Quitterie Reynaud
  • Romain Bricca
  • Zoe Cavalli
  • Raphaële Nove-Josserand
  • Stéphane Durupt
  • Philippe Reix
  • Pierre Régis Burgel
  • Isabelle Durieu
PMID: 32603551 DOI: 10.1002/ppul.24913.

抄録

背景:

嚢胞性線維症(CF)患者における非結核性マイコバクテリア(NTM)感染のメカニズムをよりよく理解するために、我々はメタアナリシスでNTM陽性に関連するさまざまな危険因子を探索する。

BACKGROUND: To better understand mechanisms of infection with nontuberculous mycobacteria (NTM) in cystic fibrosis (CF) patients, we explore different risk factors associated with NTM positivity in a meta-analysis.

方法:

2019年7月31日以前に発表された研究をMEDLINEから選択した。各研究のORをプールして複合オッズ比(OR)を算出した。連続数値測定には加重平均差(WMD)を用いた。サマリーデータは、不均一性の存在(p <0.1またはI>50%)に応じて固定効果モデルまたはランダム効果モデルを用いてプールした。

METHODS: Studies published before 31 July 2019 were selected from MEDLINE. Combined odds ratios (ORs) were calculated by pooling the ORs of each study. The weighted mean difference (WMD) was used for continuous numerical measurements. Summary data were pooled using fixed or random effect models according to the presence of heterogeneity (p <0.1 or I >50%).

結果:

19件の研究、合計23418人の患者を対象とし、そのうち1421人(6%)がNTM陽性と診断された。高齢化はNTM陽性と有意に関連していた(WMD = 2.12、95%CI [1.11; 3.13]、p < 0.01、固定効果モデル)。11研究(8091例)における黄色ブドウ球菌の結腸率のORは1.66(95%CI [1.21; 2.26], p = 0.001)、Aspergillus fumigatusの結腸率のORは3.59(95%CI [3.05; 4.23], p = 0.01)であった。05; 4.23]、p <0.001)、11研究(20480人の患者)で、ステノトロモナス・マルトフィリアの結社化のORは3.41(95%CI [2.66; 4.39]、p <0.01)、7研究(149335人の患者)であった。経口コルチコステロイドはNTM陽性と有意に関連していた(OR = 1.98、95%CI [1.24; 3.16]、p < 0.01、6研究、1936人の患者)。他の因子では有意な関連は認められなかった。

RESULTS: 19 studies with a total 23418 patients, of whom 1421 (6%) were diagnosed as NTM positive, were included. Older age was significantly associated with NTM positivity (WMD = 2.12, 95% CI [1.11; 3.13], p < 0.01, fixed effect model). The OR for Staphylococcus aureus colonization was 1.66 (95% CI [1.21; 2.26], p = 0.001) in 11 studies (8091 patients), the OR for Aspergillus fumigatus colonization was 3.59 (95% CI [3.05; 4.23], p <0.001) in 11 studies (20480 patients), and the OR for Stenotrophomonas maltophilia colonization was 3.41 (95% CI [2.66; 4.39], p < 0.01) in 7 studies (14935 patients). Oral corticosteroids were significantly associated with NTM positivity (OR = 1.98, 95% CI [1.24; 3.16], p < 0.01, 6 studies, 1936 patients). No other factor showed a significant association.

結論:

高齢、黄色ブドウ球菌、Stenotrophomonas maltophiliaおよびAspergillus fumigatusの慢性結社化、および経口コルチコステロイドは、NTM陽性のリスク増加と有意に関連していた。より重症度の高いCF患者では、NTMを注意深く観察する必要がある。この記事は著作権で保護されています。すべての権利を保有している。

CONCLUSION: Older age, Staphylococcus aureus, Stenotrophomonas maltophilia and Aspergillus fumigatus chronic colonization, and oral corticosteroids were significantly associated with an increased risk of NTM positivity. CF patients with more severe conditions should be closely monitored for NTM. This article is protected by copyright. All rights reserved.

This article is protected by copyright. All rights reserved.