会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ビメンチン欠乏症は高脂肪食による肥満とインスリン抵抗性を抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Diabetes Metab J.2020 Jun;44.e32. doi: 10.4093/dmj.2019.0198.Epub 2020-06-15.

ビメンチン欠乏症は高脂肪食による肥満とインスリン抵抗性を抑制する

Vimentin Deficiency Prevents High-Fat Diet-Induced Obesity and Insulin Resistance in Mice.

  • SeoYeon Kim
  • Inyeong Kim
  • Wonkyoung Cho
  • Goo Taeg Oh
  • Young Mi Park
PMID: 32602277 DOI: 10.4093/dmj.2019.0198.

抄録

背景:

肥満と2型糖尿病は世界的な健康問題であり、その関連メカニズムの解明が進んでいないことが治療法の選択肢が限られている一因となっている。我々は、3型中間フィラメントであるビメンチンの遺伝子欠失が肥満と2型糖尿病に影響を与えるかどうかを決定した。

BACKGROUND: Obesity and type 2 diabetes mellitus are world-wide health problems, and lack of understanding of their linking mechanism is one reason for limited treatment options. We determined if genetic deletion of vimentin, a type 3 intermediate filament, affects obesity and type 2 diabetes mellitus.

方法:

vimentin-null()マウスと野生型マウスに高脂肪食(HFD)を10週間与え、体重変化、脂肪率、血中脂質、グルコースを測定した。また、腹腔内グルコース耐性試験を行い、両マウスの脂肪細胞のCD36、主要脂肪酸トランスロカーゼ、グルコーストランスポーター4型(GLUT4)を測定した。

METHODS: We fed vimentin-null () mice and wild-type mice a high-fat diet (HFD) for 10 weeks and measured weight change, adiposity, blood lipids, and glucose. We performed intraperitoneal glucose tolerance tests and measured CD36, a major fatty acid translocase, and glucose transporter type 4 (GLUT4) in adipocytes from both groups of mice.

結果:

HFD を与えられたマウスは、より少ない体重増加、より少ない脂肪率、改善された耐糖能、および空腹時グルコースの低い血清レベルを示した。しかし、血清トリグリセリドと非エステル化脂肪酸レベルは、野生型マウスよりもマウスの方が高かった。ビメンチンヌル脂肪細胞では、血漿膜上のCD36が41.1%減少し、脂肪酸の取り込みが27%減少し、GLUT4が50.3%減少しており、これらの分子の細胞内トラフィッキングに欠陥があることが示唆された。

RESULTS: mice fed an HFD showed less weight gain, less adiposity, improved glucose tolerance, and lower serum level of fasting glucose. However, serum triglyceride and non-esterified fatty acid levels were higher in mice than in wild-type mice. Vimentin-null adipocytes showed 41.1% less CD36 on plasma membranes, 27% less uptake of fatty acids, and 50.3% less GLUT4, suggesting defects in intracellular trafficking of these molecules.

結論:

我々は、ビメンチン欠乏は、HFDを与えられたマウスの肥満とインスリン抵抗性を防止し、肥満と2型糖尿病をリンクする中心的なメディエーターとしてビメンチンを示唆していると結論付けた。

CONCLUSION: We concluded that vimentin deficiency prevents obesity and insulin resistance in mice fed an HFD and suggest vimentin as a central mediator linking obesity and type 2 diabetes mellitus.

Copyright © 2020 Korean Diabetes Association.