会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

膵臓実質膜におけるせん断波エラストグラフィを用いたせん断波分散測定の役割は? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Med Ultrason (2001).2020 Jun;10.1007/s10396-020-01033-7. doi: 10.1007/s10396-020-01033-7.Epub 2020-06-29.

膵臓実質膜におけるせん断波エラストグラフィを用いたせん断波分散測定の役割は?

What is the role of measuring shear wave dispersion using shear wave elastography in pancreatic parenchyma?

  • Hirotaka Suzuki
  • Hiroki Kawashima
  • Eizaburo Ohno
  • Takuya Ishikawa
  • Senju Hashimoto
  • Masanao Nakamura
  • Ryoji Miyahara
  • Masatoshi Ishigami
  • Yoshiki Hirooka
  • Mitsuhiro Fujishiro
PMID: 32602019 DOI: 10.1007/s10396-020-01033-7.

抄録

目的:

腹腔内超音波検査(US)を用いたせん断波エラストグラフィ(SWE)は、組織の硬さの診断に広く用いられている。超音波せん断波分散法(SWD)は、SWE を用いて組織粘性を評価することが可能である。本研究の目的は、膵臓スクリーニングにおけるSWDの信頼性と臨床的意義を検討することであった。

PURPOSE: Shear wave elastography (SWE) using transabdominal ultrasonography (US) is widely used for diagnosis of tissue stiffness. Ultrasound shear wave dispersion (SWD) enables evaluation of tissue viscosity using SWE. The objective of this study was to investigate the reliability and clinical significance of SWD in pancreatic screening.

方法:

2017年11月から2018年11月の間に実施された膵臓スクリーニングでUSで診察された76人の患者を対象に、SWEとSWDを測定した。中央値の膵臓弾性率(PEM)と分散勾配は、少なくとも5回の測定から得た。これらの値の再現性、および患者の特徴、膵臓エコーとの相関性、および膵実質の脂肪変化と関連する平板 CT 上の膵臓対脾臓減衰比(P/S)について、レトロスペクティブに検討した。

METHODS: SWE and SWD were measured in 76 patients examined by US in pancreatic screenings performed between November 2017 and November 2018. The median pancreatic elastic modulus (PEM) and dispersion slope were obtained from at least five measurements. The reproducibility of these values and their correlations with patient characteristics, pancreatic echogenicity, and the pancreas-to-spleen attenuation ratio (P/S) on plain CT, which is associated with fatty change in pancreatic parenchyma, were investigated retrospectively.

結果:

PEMの中央値は7.4kPa、分散勾配は15.7(m/sec)/kHzであり、いずれの値も高いクラス内相関係数を有し、高い再現性を示した(ρ=0.869、ρ=0.867)。また、PEMの中間値/中央値はそれぞれ0.36と0.28であった。PEMは年齢と正の相関があり(r=0.348、p=0.002)、分散勾配は年齢と正の相関があり(r=0.278、p=0.016)、BMIと正の相関があった(r=0.397、p<0.001)。脈波亢進膵臓ではPEM(6.6 vs. 7.8kPa, p=0.037)と分散勾配(13.2 vs. 16.3 (m/sec)/kHz, p<0.001)が有意に高かった。50人の患者に実施したプレーンCTでは、P/SはPEMと相関しなかったが(r=-0.180, p=0.221)、分散勾配とは逆相関であった(r=-0.338, p=0.019)。

RESULTS: The median PEM and dispersion slope were 7.4 kPa and 15.7 (m/sec)/kHz, respectively, and both values had high intraclass correlation coefficients, showing high reproducibility (ρ = 0.869 and ρ = 0.867, respectively). The interquartile range/median value of PEM and dispersion slope were 0.36 and 0.28, respectively. PEM had a positive correlation with age (r = 0.348, p = 0.002), and dispersion slope was positively correlated with age (r = 0.278, p = 0.016) and BMI (r = 0.397, p < 0.001). The hyperechoic pancreas had significantly higher PEM (6.6 vs. 7.8 kPa, p = 0.037) and dispersion slope (13.2 vs. 16.3 (m/sec)/kHz, p < 0.001). On plain CT performed in 50 patients, the P/S was not correlated with PEM (r = - 0.180, p = 0.221), but was inversely correlated with dispersion slope (r = - 0.338, p = 0.019).

結論:

膵臓スクリーニングにおけるSWDの測定は再現性が高く、膵臓の脂肪変化を客観的に評価できる可能性がある。

CONCLUSION: Measurement of SWD in pancreatic screening was highly reproducible and may permit objective evaluation of fatty change of the pancreas.