会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

CAD/CAM材料の色安定性に及ぼす表面仕上げ処理の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Adv Prosthodont.2020 Jun;12(3):150-156. doi: 10.4047/jap.2020.12.3.150.Epub 2020-06-18.

CAD/CAM材料の色安定性に及ぼす表面仕上げ処理の影響

Effect of surface finishing treatments on the color stability of CAD/CAM materials.

  • Funda Ozen
  • Nermin Demirkol
  • Ozge Parlar Oz
PMID: 32601534 PMCID: PMC7314631. DOI: 10.4047/jap.2020.12.3.150.

抄録

目的:

本研究の目的は,二珪酸リチウムガラスセラミックス,ジルコニア強化珪酸リチウムセラミックス及び樹脂ナノセラミックスの人工時効後の色安定性に及ぼす表面処理の違いによる影響を評価することであった.

PURPOSE: The aim of this study was to evaluate the effect of different surface finishing processes on the color stabilities of lithium disilicate glass-ceramics, zirconia-reinforced lithium silicate ceramics, and resin nanoceramics after artificial ageing.

材料および方法:

3種類のCAD/CAM材料(LAVA Ultimate、IPS e.max CAD、VITA Suprinity)から、A1 HTカラー、サイズ14×12 mm、厚さ0.5±0.05 mmの216個のサンプルを作成した。試料の色測定は、ベースライン色の間と、4段階(すなわち、処理前の第1の測定、研磨後の第2の測定、セメント塗布後の第3の測定、および人工時効後の第4の測定)で5000サイクルの人工時効後のグレーバッキング上で、カラーパラメータおよびCIE Labカラーシステムを使用して分光光度計を使用して行った。結果は、分散分析およびフィッシャーのLSD検定を用いて評価した。

MATERIALS AND METHODS: 216 samples were prepared from 3 different CAD/CAM materials (LAVA Ultimate, IPS e.max CAD, VITA Suprinity) with A1 HT color at a size of 14 × 12 mm and a thickness of 0.5 ± 0.05 mm. Color measurements of the samples were performed with a spectrophotometer using color parameters and CIE Lab color system on a gray backing between baseline color and after 5000 cycles of artificial ageing in 4 stages (i.e. the first measurement before the treatment, the second measurement after polishing, the third measurement after cement application, and the fourth measurement after artificial ageing). The results were evaluated using the Variance analysis and Fisher's LSD test.

結果:

樹脂ナノセラミックス(LU)は,ジルコニア強化珪酸リチウム(VS)および二珪酸リチウム(EC)セラミックスよりも高い色変化値を示した.手作業による研磨とグレージングは、LUとVSで同様の色変化をもたらした(>.05)。EC群では、グレージングは手動研磨群と対照群と比較して統計的に異なる結果をもたらした(<.05)。セラミック群のうち、ジルコニア強化珪酸リチウム(VS)及び二珪酸リチウム(EC)試料のうち、グレージング処理を施したサブグループの色変化値は、臨床的に許容されるレベル以下であった(ΔE<3.5)。

RESULTS: Resin nanoceramics (LU) exhibited higher color change values than zirconia-reinforced lithium silicate (VS) and lithium disilicate (EC) ceramics after artificial ageing. Manual polishing and glazing resulted in similar color change for LU and VS (>.05). In the EC group, glazing provided statistically different results as compared to the manual polishing and control groups (<.05). Among the ceramic groups, color change values of the subgroup, which was treated by glazing, of the zirconia-reinforced lithium silicate (VS) and lithium disilicate (EC) samples were below the clinically acceptable level (ΔE < 3.5).

結論:

全ステージで最も色の変化が少なかったのは、ヴィータ・スープリニティでした。

CONCLUSION: The lowest color change for all stages was observed in Vita Suprinity.

© 2020 The Korean Academy of Prosthodontics.