会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

低悪性度および高悪性度グリオーマにおけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカン4(NG2/CSPG4)の局在化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cells.2020 Jun;9(6). E1538. doi: 10.3390/cells9061538.Epub 2020-06-24.

低悪性度および高悪性度グリオーマにおけるコンドロイチン硫酸プロテオグリカン4(NG2/CSPG4)の局在化

Chondroitin Sulphate Proteoglycan 4 (NG2/CSPG4) Localization in Low- and High-Grade Gliomas.

  • Marta Mellai
  • Laura Annovazzi
  • Ilaria Bisogno
  • Cristiano Corona
  • Paola Crociara
  • Barbara Iulini
  • Paola Cassoni
  • Cristina Casalone
  • Renzo Boldorini
  • Davide Schiffer
PMID: 32599896 PMCID: PMC7349878. DOI: 10.3390/cells9061538.

抄録

背景:

神経グリア抗原2またはコンドロイチン硫酸プロテオグリカン4(NG2/CSPG4)は、未熟な前駆細胞/前駆細胞によって発現し、悪性細胞の形質転換に関与している可能性がある。本研究の目的は、61例の成人グリオーマと9例のグリオブラストーマ(GB)由来細胞株の進行と生存に及ぼす役割を調べることであった。

BACKGROUND: Neuron glial antigen 2 or chondroitin sulphate proteoglycan 4 (NG2/CSPG4) is expressed by immature precursors/progenitor cells and is possibly involved in malignant cell transformation. The aim of this study was to investigate its role on the progression and survival of sixty-one adult gliomas and nine glioblastoma (GB)-derived cell lines.

方法:

NG2/CSPG4タンパク質発現は、免疫組織化学および免疫蛍光により評価した。遺伝的およびエピジェネティックな変化は、分子遺伝学的手法によって検出された。

METHODS: NG2/CSPG4 protein expression was assessed by immunohistochemistry and immunofluorescence. Genetic and epigenetic alterations were detected by molecular genetic techniques.

結果:

NG2/CSPG4は、IDH変異体/1p19qモデルオリゴデングリオーマ(59.1%)およびIDH野生型GB(40%)で高頻度に発現し、IDH変異体またはIDH野生型星細胞腫(14.3%)ではほとんど発現しなかった。腫瘍細胞以外にも、NG2/CSPG4免疫反応性は、反応性アストロサイトおよび血管周囲細胞/内皮細胞の細胞質および/または細胞膜に認められた。GB由来の神経球では、インビトロ培養の通過回数に応じて変動して検出された。GB 由来の付着細胞では、ほとんどの細胞でびまん性の陽性が認められた。NG2/CSPG4発現は、星細胞性腫瘍の遺伝子増幅(=0.0005)および予後不良(=0.016)と有意に関連していた。

RESULTS: NG2/CSPG4 was frequently expressed in IDH-mutant/1p19q-codel oligodendrogliomas (59.1%) and IDH-wild type GBs (40%) and rarely expressed in IDH-mutant or IDH-wild type astrocytomas (14.3%). Besides tumor cells, NG2/CSPG4 immunoreactivity was found in the cytoplasm and/or cell membranes of reactive astrocytes and vascular pericytes/endothelial cells. In GB-derived neurospheres, it was variably detected according to the number of passages of the in vitro culture. In GB-derived adherent cells, a diffuse positivity was found in most cells. NG2/CSPG4 expression was significantly associated with gene amplification ( = 0.0005) and poor prognosis ( = 0.016) in astrocytic tumors.

結論:

NG2/CSPG4の免疫反応性は、新生物学的変化のタイミングに関する情報を提供し、悪性グリオーマ患者における抗体ベースの免疫療法のための有望な腫瘍関連抗原として、予後および治療上の関連性を有する可能性がある。

CONCLUSION: The immunoreactivity of NG2/CSPG4 provides information on the timing of the neoplastic transformation and could have prognostic and therapeutic relevance as a promising tumor-associated antigen for antibody-based immunotherapy in patients with malignant gliomas.