会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

COVID-19および他の呼吸器ウイルス感染症のためのebselenの潜在的な治療的使用 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Free Radic. Biol. Med..2020 Jun;156:107-112. S0891-5849(20)31129-1. doi: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.06.032.Epub 2020-06-26.

COVID-19および他の呼吸器ウイルス感染症のためのebselenの潜在的な治療的使用

Potential therapeutic use of ebselen for COVID-19 and other respiratory viral infections.

  • Helmut Sies
  • Michael J Parnham
PMID: 32598985 PMCID: PMC7319625. DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.06.032.

抄録

エブセレンは有機セレン化合物であり、グルタチオンペルオキシダーゼおよびペルオキシレドキシン酵素のミメティックとして作用し、ヒドロペルオキシダーゼおよびペルオキシナイトライトの還元活性を示します。Ebselenは多くのタンパク質チオールと反応してセレノスルフィド結合を形成し、抗ウイルス、抗菌、抗炎症性の多元的な効果をもたらします。コロナウイルスSARS-CoV-2の主要なプロテアーゼ(M)は、潜在的な薬物標的であり、1万以上の化合物を用いたスクリーニングにより、特に有望なMの阻害剤としてebselenが同定された(Jin, Z. et al. (2020) Nature 582, 289-293)。我々はここでシステインプロテアーゼとebselenの反応、ウイルスと他の微生物との感染におけるebselenの役割について議論する。また、肺の炎症におけるebselenの効果について議論する。SARS-CoV-2のMの阻害に関する更なる研究では、抑制効果がin vivoで無傷の細胞で確認された場合、ebselenは、有望なリード化合物として機能することができます。この作用とは独立して、COVID-19におけるebselenの潜在的な有益な効果は、炎症性酸化剤やサイトカインの減少など、発病に重要な多くのターゲットに関係していると考えられています。

Ebselen is an organoselenium compound exhibiting hydroperoxide- and peroxynitrite-reducing activity, acting as a glutathione peroxidase and peroxiredoxin enzyme mimetic. Ebselen reacts with a multitude of protein thiols, forming a selenosulfide bond, which results in pleiotropic effects of antiviral, antibacterial and anti-inflammatory nature. The main protease (M) of the corona virus SARS-CoV-2 is a potential drug target, and a screen with over 10,000 compounds identified ebselen as a particularly promising inhibitor of M (Jin, Z. et al. (2020) Nature 582, 289-293). We discuss here the reaction of ebselen with cysteine proteases, the role of ebselen in infections with viruses and with other microorganisms. We also discuss effects of ebselen in lung inflammation. In further research on the inhibition of M in SARS-CoV-2, ebselen can serve as a promising lead compound, if the inhibitory effect is confirmed in intact cells in vivo. Independently of this action, potential beneficial effects of ebselen in COVID-19 are ascribed to a number of targets critical to pathogenesis, such as attenuation of inflammatory oxidants and cytokines.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.