会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

バイオインピーダンス分光法で測定した手の熱傷後の手の浮腫を管理するための圧迫介入の無作為化対照試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Burn Care Res.2020 Jun;iraa104. doi: 10.1093/jbcr/iraa104.Epub 2020-06-29.

バイオインピーダンス分光法で測定した手の熱傷後の手の浮腫を管理するための圧迫介入の無作為化対照試験

Randomised control trial of compression interventions for managing hand burn edema, as measured by bioimpedance spectroscopy.

  • Dale O Edwick
  • Dana A Hince
  • Jeremy M Rawlins
  • Fiona M Wood
  • Dale W Edgar
PMID: 32598472 DOI: 10.1093/jbcr/iraa104.

抄録

序論:

圧迫は浮腫の管理のために選択される一般的な治療法であるが、急性火傷創における最適な適用パラメータや有効性についての客観的な理解がほとんどないまま適用されている治療法の一つである。

INTRODUCTION: Compression, a common treatment of choice for the management of edema, is one intervention which is applied with little objective understanding of the optimal parameters of application or efficacy in acute burn wounds.

エイム:

この研究の目的は、熱傷後の手の浮腫を管理するためのさまざまな圧迫方法の有効性を調べることである。試験した主要な仮説は次のとおりであった:急性手指熱傷の場合、凝集性包帯の適用は一般的な圧迫グローブよりも早く浮腫を減少させる。

AIM: The aim of this study was to determine the effectiveness of different methods of compression for the management of hand edema following burn injury. The primary hypothesis tested was: in acute hand burn injury, application of cohesive bandage will reduce edema faster than a generic compression glove.

方法:

手の熱傷を呈した100人の患者を対象とした無作為化対照研究。圧迫は、3つの適用方法のうちの1つにランダム化された - 1) コバンの指への螺旋状の適用、手と手首への八の字状の適用、2) コバンの指へのピンチ状の適用、手と手首への螺旋状の適用、または3) 一般的な圧迫手袋(対照条件)。手の体積を測定するためにバイオインピーダンス分光法(BIS)を用いた。手と手首の可動域、疼痛スコア、QuickDASHが記録された。

METHODS: A randomized control study of 100 patients presenting with hand burn injury. Compression was randomized to one of three methods of application - 1) spiral application of Coban to fingers, figure of eight to hand and wrist; 2) pinch application of Coban to fingers, spiral application to hand and wrist; or 3) a generic compression glove (control condition). Bioimpedance spectroscopy (BIS) was used to measure hand volumes. Hand and wrist range of movement, pain scores and QuickDASH were recorded.

結果:

100名の患者(男性68名)が、すべての圧迫法を用いて手の体積を有意に減少させた。いずれの方法でも、一般的な圧迫グローブと比較して、浮腫みが有意に減少した。圧迫法にかかわらず、すべてのROM測定は改善し、親指対向(p=0.046)、ハンドスパン(p=0.020)、手首屈曲(p=0.020)で有意な改善がみられた。QuickDASHはセッション間で減少した(p<0.001)。

RESULTS: One hundred patients (68 males) demonstrated significant reductions in hand volumes, using all compression methods. Both methods of applying Coban resulted in significantly greater reductions in edema compared to the generic compression glove. Notwithstanding compression method, all ROM measures improved, with significant improvement in thumb opposition (p=0.046), hand span (p=0.020) and wrist flexion (p=0.020). QuickDASH decreased between sessions (p<0.001).

結論:

コバンの適用方法の違いは、急性手の熱傷の浮腫を管理するためのジェネリック圧迫手袋よりも優れています。

CONCLUSION: Different methods of applying Coban are superior to generic compression gloves for managing acute hand burn edema.

© The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press on behalf of the American Burn Association. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permissions@oup.com.