会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯科学生は感染対策について何を知っているか?パキスタン、ラワルピンディの教育病院における横断的研究。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biomed Res Int.2020;2020:3413087. doi: 10.1155/2020/3413087.Epub 2020-06-01.

歯科学生は感染対策について何を知っているか?パキスタン、ラワルピンディの教育病院における横断的研究。

What Do the Dental Students Know about Infection Control? A Cross-Sectional Study in a Teaching Hospital, Rawalpindi, Pakistan.

  • Mariam Khan Qamar
  • Babar Tasneem Shaikh
  • Aamir Afzal
PMID: 32596299 PMCID: PMC7285392. DOI: 10.1155/2020/3413087.

抄録

背景:

歯科学生は研修中に様々な感染症や感染源にさらされており、この点では知識のレベルが低く、実践にはリスクが伴う。そのため、彼らの知識と実践を向上させることは、感染管理に大きく貢献すると考えられる。

Background: Dental students are exposed to various infections and infective sources during their training, and on this aspect, their level of knowledge is suboptimal and practices are risky. Therefore, improving their knowledge and practices would contribute significantly to infection control.

目的:

歯科上級生の歯科医療現場における感染管理に対する理解度を把握すること。

Objective: To ascertain the level of understanding of senior dental students regarding the infection control in the dental practice.

方法:

パキスタンのFoundation University Dental Collegeの歯科学生(3年生と4年生)を対象に、横断的な研究を行った。サンプルは歯学3年生100名、4年生88名であった。データ収集には自己記入式の質問紙を使用し、14項目の閉止型項目から構成されていた。SPSS 21.0 ソフトウェアを用いて、知識、態度、実践の頻度を別々に算出した。

Methods: A cross-sectional study was conducted among dental students (3rd year and 4th year) of the Foundation University Dental College, Pakistan. The sample consisted of 100 third year dental students and 88 fourth year students. A self-administrated questionnaire was used for data collection which consisted of fourteen close-ended items. Frequencies of knowledge, attitudes, and practice were calculated separately by using SPSS 21.0 software.

結果:

学生のほぼ半数が手指の滅菌に消毒薬を使用せず、治療を開始する前に患者に口腔内洗浄剤を使用するように依頼する学生は3分の2に過ぎなかった。多くの学生は、器具の滅菌に最適なオートクレーブの温度を知らなかった。治療中に個人用保護具を着用する学生は3分の1に過ぎなかった。研究参加者の約3分の1は、臨床実習中に効果的な滅菌が行われていないと、ある患者から別の患者に感染が伝染する可能性があると報告していた。

Results: Almost half of the students would not use any antiseptic for sterilizing their hands, and only two-third would ask their patient to use an oral mouth rinse before starting the treatment. Many students did not the optimal temperature of the autoclave for sterilization of the instruments. Only one-third would wear the personal protective equipment during a procedure. Around one-third of the study participants reported that ineffective sterilization during clinical practice can transmit infection from one patient to another.

結論:

歯科学生の感染管理に関する知識は弱いが、実践は基準に沿ったものではないが、感染管理に関する対策を講じることに前向きであり、励みになっていると考えられる。

Conclusion: Knowledge on infection control among the dental students is though weak, practices are not as per standards but attitudes are positive and encouraging for taking steps and complying with measures on infection control.

Copyright © 2020 Mariam Khan Qamar et al.