会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

タイ北東部集団における副鼻腔逆さ乳頭腫および副鼻腔扁平上皮癌とエプスタインバーウイルス感染の有病率と関連性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Infect. Agents Cancer.2020;15:43. 308. doi: 10.1186/s13027-020-00308-5.Epub 2020-06-24.

タイ北東部集団における副鼻腔逆さ乳頭腫および副鼻腔扁平上皮癌とエプスタインバーウイルス感染の有病率と関連性

Prevalence and association of Epstein-Barr virus infection with sinonasal inverted papilloma and sinonasal squamous cell carcinoma in the northeastern Thai population.

  • Thawaree Nukpook
  • Tipaya Ekalaksananan
  • Watchareporn Teeramatwanich
  • Natcha Patarapadungkit
  • Surachat Chaiwiriyakul
  • Patravoot Vatanasapt
  • Sirinart Aromseree
  • Chamsai Pientong
PMID: 32595759 PMCID: PMC7315540. DOI: 10.1186/s13027-020-00308-5.

抄録

目的:

副鼻腔逆性乳頭腫(SIP)および副鼻腔扁平上皮癌(SNSCC)は、病因・病態が不明な副鼻腔腫瘍である。これらの腫瘍からはエプスタインバーウイルス(EBV)が検出されているが、それらの関連性に関する情報はまだ限られている。本研究では、タイ北東部のSIPおよびSNSCCにおけるEBV感染の有病率および関連性を調査することを目的とした。

Aims: Sinonasal inverted papillomas (SIP) and sinonasal squamous cell carcinomas (SNSCC) are sinonasal tumors with unclear etiology and pathogenesis. Epstein-Barr virus (EBV) has been detected in these tumors but information concerning their association is still limited. This study aimed to investigate the prevalence in, and association of EBV infection with SIP and SNSCC in northeastern Thailand.

方法:

鼻ポリープ80個(対照群),SIP64個,SNSCC82個を含む226個のホルマリン固定パラフィン包埋組織からDNAを抽出した.これらの組織におけるEBVの存在をリアルタイムPCR法で調べ,組織内での局在をin situ hybridization(ISH)で確認した.患者の特徴およびEBV有病率と副鼻腔腫瘍との関連を分析した。

Methods: DNA was extracted from 226 formalin-fixed, paraffin-embedded tissues including 80 nasal polyps (NP; the control group), 64 SIP and 82 SNSCC samples. Presence of EBV in these tissues was investigated using real-time PCR and their localization within tissues was confirmed using in situ hybridization (ISH). Characteristics of patients and the association of EBV prevalence with sinonasal tumors were analyzed.

結果:

SIPとSNSCCは50歳以上の高齢者に多く見られ、女性よりも男性に多く見られた(比率は3:1)。リアルタイムPCR法では、NP組織の33.75%、SIP組織の64.06%、SNSCC組織の37.80%でEBV感染が検出された。EBV感染とSIPの間には統計的に有意な関連があった(オッズ比[OR]=3.52)。しかし、SNSCCではNP群と比較してEBV感染とSIPの間に有意な関連は認められなかった(OR=1.83)。興味深いことに、EBV感染はSIPでは炎症や異形成と関連する傾向があった。SNSCCでは、EBVは未分化または未分化な細胞型を持つサンプルや、再発例やリンパ節転移を持つサンプルで多く検出された。ISHでは、EBVは腫瘍上皮細胞では検出されず、腫瘍間質内の浸潤リンパ球のみで検出された。

Results: SIP and SNSCC were frequently found in people aged > 50 years and more often in males than in females (3:1 ratio). EBV infection was detected in 33.75, 64.06 and 37.80% of NP, SIP and SNSCC tissues, respectively, by real-time PCR. There was a statistically significant association between EBV infection and SIP (odds ratio [OR] = 3.52). This was not the case for SNSCC when compared to the NP group (OR = 1.83). Interestingly, EBV infection tended to be associated with inflammation and dysplasia in SIP. In SNSCC, EBV was mostly found in samples with undifferentiated or poorly differentiated cell types as well as in recurrent cases and lymph-node metastasis. Using ISH, EBV was detected only in infiltrating lymphocytes within the tumor stroma, not in the tumor epithelial cells.

結論:

腫瘍微小環境にEBVを含むリンパ球が浸潤することで、SIPやSNSCCの腫瘍形成が促進される可能性がある。今後、EBVがSIPやSNSCCの発生を促進するメカニズムを解明する必要がある。

Conclusions: Infiltrating lymphocytes containing EBV in the tumor microenvironment might enhance tumorigenesis of SIP and SNSCC. The mechanism by which EBV promotes development of SIP and SNSCC needs to be elucidated in the future.

© The Author(s) 2020.