会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

疾患膵臓と正常膵臓におけるCRABP2とFABP5の発現レベル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ann Diagn Pathol.2020 Jun;47:151557. S1092-9134(20)30100-3. doi: 10.1016/j.anndiagpath.2020.151557.Epub 2020-06-20.

疾患膵臓と正常膵臓におけるCRABP2とFABP5の発現レベル

CRABP2 and FABP5 expression levels in diseased and normal pancreas.

  • Christine S Hughes
  • Jo-Anne ChinAleong
  • Hemant M Kocher
PMID: 32593808 DOI: 10.1016/j.anndiagpath.2020.151557.

抄録

最近では、全トランスレチノイン酸(ATRA)のような薬剤による間葉系標的化は、膵管腺癌(PDAC)の治療のための有望な手段と考えられています。核内受容体へのATRAの細胞内輸送は、脂肪酸結合タンパク質5(FABP5)または細胞性レチノイン酸結合タンパク質2(CRABP2)のいずれかによって実行され、下流遺伝子の転写を決定し、したがって、最終的な細胞表現型。ここでは、我々は、膵臓疾患の範囲(膵管腺癌(PDAC)、慢性膵炎(CP)、胆管癌(CC))を呈している患者の膵臓組織における各タンパク質のレベルを調査した。我々は、PDACの活性化線維芽細胞や膵星状細胞(PSC)において、CCやCPと同様に他の疾患膵臓と比較して、CRABP2とFABP5の発現が有意に低いことを示しています。休眠線維芽細胞は一貫して高いFABP5:CRABP2比のパターンを示し、一方、PDAC以外の全ての組織のPSCは低いFABP5:CRABP2比を示した。PDAC患者のPSCは、FABP5:CRABP2比の範囲(高、偶数、低)を有していた。癌性上皮細胞(PDAC)では、正常上皮細胞と比較して低いCRABP2発現があった。これは、他の疾患状態(CP、CC)にも存在する。線維芽細胞に見られるパターンとは対照的に、PDAC上皮細胞におけるFABP5発現は正常上皮細胞のそれと一致した。しかしながら、正常上皮細胞は、PDAC上皮細胞と比較して、高いFABP5:CRABP2の比率を有していた。これらの比率は、腫瘍の進行や全生存期間と相関があると考えられる。これらの知見は、in vitro細胞溶解物を用いて確認することができる。CRABP2とFABP5のレベルと比率は、貴重なバイオマーカーとして機能する可能性がある。

Recently, stromal targeting, by agents such as All trans retinoic acid (ATRA), has been regarded as a promising avenue for the treatment of pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC). The intra-cellular transportation of ATRA to the nuclear receptors is performed by either: fatty acid binding protein 5 (FABP5) or cellular retinoic acid binding protein 2 (CRABP2), dictating the transcription of downstream genes and, thus, eventual cell phenotype. Here, we explored the levels of each protein, in pancreatic tissues of patients presenting with a range of pancreatic diseases (pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC), chronic pancreatitis (CP), cholangiocarcinoma (CC)). We demonstrate that there is a significantly lower CRABP2 and FABP5 expression in activated fibroblasts or pancreatic stellate cells (PSC) in PDAC, as well as other diseased pancreas as in CC and CP, versus quiescent fibroblasts. The quiescent fibroblasts consistently show a pattern of high FABP5:CRABP2 ratio, whereas PSC in all non-PDAC tissues showed a low FABP5:CRABP2 ratio. PSC in PDAC patients had a range of FABP5:CRABP2 ratios (high, even and low). There was a lower CRABP2 expression in cancerous epithelial cells (PDAC) versus normal epithelial cells. This is also present in other disease states (CP, CC). Contrasting to the patterns seen for fibroblasts, the FABP5 expression in PDAC epithelial cells matched that of the normal epithelial cells. However, the normal epithelial cells had a high FABP5:CRABP2 ratio, compared to the PDAC epithelial cells. These ratios may have correlation with tumor progression, and overall survival. These findings could be confirmed in in vitro cell lysates. CRABP2 and FABP5 levels and ratios could serve as valuable biomarkers.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.