会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

子宮UDP-グルクロンオキシルトランスフェラーゼ1A8(UGT1A8)およびUDP-グルクロンオキシルトランスフェラーゼ2B7(UGT2B7)の機能は、エストロゲン代謝調節に基づいて子宮内膜癌に関与している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Hormones (Athens).2020 Jun;10.1007/s42000-020-00213-x. doi: 10.1007/s42000-020-00213-x.Epub 2020-06-26.

子宮UDP-グルクロンオキシルトランスフェラーゼ1A8(UGT1A8)およびUDP-グルクロンオキシルトランスフェラーゼ2B7(UGT2B7)の機能は、エストロゲン代謝調節に基づいて子宮内膜癌に関与している

The function of uterine UDP-glucuronosyltransferase 1A8 (UGT1A8) and UDP-glucuronosyltransferase 2B7 (UGT2B7) is involved in endometrial cancer based on estrogen metabolism regulation.

  • Feng Zhao
  • Xi Wang
  • Yan Wang
  • Jingbo Zhang
  • Ran Lai
  • Bei Zhang
  • Xueyan Zhou
PMID: 32592099 DOI: 10.1007/s42000-020-00213-x.

抄録

背景:

子宮内膜癌(EC)の進行はエストロゲンレベルと密接に関連している。UDP-グルクロン酸転移酵素(UGT)は、ステロイドホルモンの解毒に極めて重要な役割を果たす第 II 相代謝酵素の必須クラスである。

BACKGROUND: The progression of endometrial cancer (EC) is closely related to estrogen levels. UDP-glucuronosyltransferases (UGTs) are an essential class of phase II metabolizing enzymes that play a pivotal role in detoxifying steroid hormone.

目的:

本研究では、エストロゲン代謝やECの病態におけるUGTの役割を明らかにすることを目的とした。

PURPOSE: In this study, we aimed to uncover the role of UGTs in estrogen metabolism and the pathogenesis of EC.

方法:

UGT遺伝子多型とエストロゲンレベルの解析のために、無関係のEC患者(平均年齢52.15±10.04y)と健常者100人(平均年齢50.26±8.80y)の合計100人を募集した。6 例の EC 症例では、EC 隣接組織およびがん組織を採取し、UGT 発現の検出を行った。

METHODS: A total of 100 unrelated EC patients (mean age 52.15 ± 10.04 y) and 100 healthy subjects (mean age 50.26 ± 8.80 y) were recruited for analysis of the UGT gene polymorphism and estrogen level. In six cases of EC, EC-adjacent tissues and cancer tissues were collected for detection of UGT expression.

結果:

その結果、EC患者ではエストロゲンの恒常性プロファイルが乱れ、発がん性カテコールエストロゲン(4-OHE1、2-OHE1、2-OHE2)が有意に血清中に蓄積していることが明らかになった。また、エストロゲン-グルクロニドの濃度が有意に低下し、子宮組織におけるUGT1A8およびUGT2B7の発現がダウンレギュレーションされていた。これと関連して、UGT1A8 rs1042597およびUGT2B7 rs7439366の遺伝子型および対立遺伝子頻度の分布が、EC患者と健常者で有意に異なることが観察された。

RESULTS: Our results showed that the estrogen homeostasis profile was disturbed in EC patients, with carcinogenic catechol estrogens (4-OHE1, 2-OHE1, 2-OHE2) significantly accumulated in the serum of these patients. Also, levels of estrogen-glucuronides were decreased significantly, and the expression of UGT1A8 and UGT2B7 in uterine tissues was downregulated in EC patients. Consistent with this, we observed that the distribution of genotypes and allele frequencies in UGT1A8 rs1042597 and UGT2B7 rs7439366 was significantly different between EC patients and healthy volunteers.

結論:

その結果、UGT1A8とUGT2B7がエストロゲンシグナル伝達経路やECの病態に寄与している可能性が示唆された。

CONCLUSION: These results indicated that UGT1A8 and UGT2B7 may contribute to the estrogen signaling pathway and the pathogenesis of EC.