会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

コロナウイルス感染症2019(COVID-19):歯科におけるエアロゾル発生処置の課題と管理について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Evid Based Dent.2020 Jun;21(2):44-45. 10.1038/s41432-020-0088-4. doi: 10.1038/s41432-020-0088-4.

コロナウイルス感染症2019(COVID-19):歯科におけるエアロゾル発生処置の課題と管理について

Coronavirus disease 2019 (COVID-19): challenges and management of aerosol-generating procedures in dentistry.

  • Kamran Ali
  • Mahwish Raja
PMID: 32591652 PMCID: PMC7317264. DOI: 10.1038/s41432-020-0088-4.

抄録

データソース 実験的調査.研究デザイン エアロゾルを介して交差感染を減らすために負圧耳鼻咽喉科ウイルス分離ドレープ (NOVID) システムの使用を評価するためのレトロスペクティブレビュー。この装置は、頭頸部領域の手術野に吊り下げられたプラスチック製のドレープと、超低浸透空気(ULPA)効率評価と流体吸引高効率微粒子空気(HEPA)フィルターコンパートメントを備えたチャンバー内に配置された吸煙器吸引で構成されています。患者分泌物の拡散および液滴形成を、通常の生理食塩水10ml中の1%フルオレセイン色素と紫外線を用いて評価した。色素は、マイクロデブライダー、電気メス、高速ドリルなどの器具を使用する前に、術前および術中に鼻腔および鼻咽頭に局所的に塗布された。外科的処置の完了後、紫外線ウッドランプを使用して、手術チームの手術用ドレープや手術衣に付着した液滴の存在を評価した。マイクロデブライダーを使用したのは3例、電気メスを使用したのは3例、高速ドリルを使用したのは2例であった。フルオレセインの存在が患者の鼻腔周辺、胸拭きと器具トレイに確認された。吸煙器の上に置かれたガーゼには染料による汚染が認められた(頭蓋底部手術の2例)。しかし、液体の汚染はバリアの下で鼻から数センチ離れたところで確認されました(経蝶形骨手術の1例)。また、すべての症例で腹部の外科医のガウンに液滴が付着しており、1例では腕の部分にも液滴が付着していた。1例では、看護師の腹部にも飛沫が確認されたが、これは手術用ガーゼや器具との交差汚染によるものであった。結論 このレトロスペクティブ研究は、陰圧隔離ドレープシステムを用いた鼻腔内および経鼻手術中のエアロゾルおよび飛沫の汚染に関する予備的なデータを提供するものである。著者らは患者の SARS-CoV-2 のスクリーニングは行っていないが、0.125 ミクロンの SARS-CoV-2 を含む 0.1 ミクロンまでの粒子を捕らえるためには、吸煙器 ULPA フィルタのアタッチメントが適切であると提案している。今後の研究でこの主張を支持する直接的な証拠を見ることは有用であろう。著者らは、隔離ドレープ装置を効果的に使用するためのセットアップ時間やトレーニングの必要条件、関連費用などの詳細を提供していません。また、アイソレーションシステムを使用して手術を行う際の潜在的な困難性についてもコメントしていただけると助かります。サンプルサイズは4人の患者に限定されており、結論を出す前にエアロゾル汚染の大きさや程度のばらつきをさらに調査する必要があります。可能性は低いですが、この研究デザインでは、隔離ドレープシステムを取り外した後や露出した手術器具からの手術室内の空気中のエアロゾルや液滴の存在を捉えていません。デザインの限界にもかかわらず、チャンバーバリアの下で空気を負圧吸引することで、鼻腔内および経鼻手術中のエアロゾルや飛沫による汚染を最小限に抑えることができる可能性があります。

Data sources Experimental investigation.Study design A retrospective review to evaluate the use of a negative-pressure otolaryngology viral isolation drape (NOVID) system to reduce cross-infection through aerosol. The apparatus consists of a plastic drape suspended over the surgical field in the head and neck region with a smoke evacuator suction placed inside the chamber with an ultra-low penetrating air (ULPA) efficiency rating and a fluid suction high-efficiency particulate air (HEPA) filter compartment. Spread of patient secretions and droplet formation was evaluated using 1% fluorescein dye in 10 ml of normal saline and ultraviolet light. The dye was applied topically in the nasal cavity and nasopharynx preoperatively and intraoperatively prior to the use of instruments such as micro-debrider, electrocautery and high-speed drilling. Following completion of the surgical procedure, an ultraviolet Wood's lamp was used to evaluate the presence of droplets on the surgical drapes and surgical gowns of the operating team.Results The study sample consisted of four patients who underwent endonasal endoscopic surgical procedures; two of these patients required concurrent endoscopic sinus surgery. A micro-debrider was used in three cases; electrocautery in three cases, while a high-speed drilling was employed in two cases. Presence of fluorescein was identified around the patients' nares; on the chest wipe and instrument tray in all four patients. Dye contamination was noted on the gauze placed over the smoke evacuator (two cases of skull base surgery); no fluid droplets were identified beyond the nares or the smoke evacuator (two cases of sinus surgery). However, fluid contamination was identified underneath barrier several centimetres away from the nares (one case of trans-sphenoidal surgery). Droplets were also identified on the surgeon's gown in the abdominal region in all cases and on the arm region in one case. In one case, droplets were also identified on the abdominal region of the nurse, but this was attributed to cross contamination from surgical gauze and instruments. Conclusions This retrospective study provides preliminary data on aerosol and droplet contamination during endonasal and transoral surgery performed under a negative pressure isolation drape system. Although the authors did not screen patients for SARS-CoV-2, they propose smoke evacuator ULPA filter attachment is appropriate to capture particles down to 0.1 microns including SARS-CoV-2 which is 0.125 microns. It would be helpful to see direct evidence to support this claim in future studies. The authors have not provided details regarding set-up time and training requirements for effective application of the isolation drape apparatus or the associated costs etc. It would have also been helpful if the authors could comment on any potential difficulties in undertaking the surgical procedure with the isolation system in place. The sample size is limited to four patients and variations in the magnitude and extent of aerosol contamination needs to be investigated further before drawing any conclusions. Although unlikely, this study design did not capture the presence of aerosol/droplets in the air within the operating room which may follow removal of the isolation drape system or from exposed surgical instruments. Notwithstanding the limitations of the design, negative-pressure aspiration of air under a chamber barrier is likely to minimise the contamination from aerosol and droplet during endonasal and transoral surgery.