国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

主要な心臓埋め込み型電子機器感染症の予防における抗生物質エンベロープの役割。システマティックレビューとメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jun;99(26):e20834. 00005792-202006260-00048. doi: 10.1097/MD.0000000000020834.

主要な心臓埋め込み型電子機器感染症の予防における抗生物質エンベロープの役割。システマティックレビューとメタアナリシス

The role of an antibiotic envelope in the prevention of major cardiac implantable electronic device infections: A systematic review and meta-analysis.

  • Abdul Aziz A Asbeutah
  • Majed H Salem
  • Saad A Asbeutah
  • Mona A Abu-Assi
PMID: 32590773 PMCID: PMC7328943. DOI: 10.1097/MD.0000000000020834.

抄録

背景:

過去10年の間に、心臓埋め込み型電子機器(CIED)関連感染症の発生率は増加し、医療システムにおける罹患率、死亡率、財政的負担の増加と関連している。

BACKGROUND: Over the past decade, rates of cardiac implantable electronic device (CIED) related infections have increased and been associated with increased morbidity, mortality and financial burden on healthcare systems.

方法:

2020年2月15日までの間に、デバイス関連心内膜炎、全身性抗生物質を必要とする全身性感染症、またはデバイス抜去からなる主要な関連CIED感染症を、2020年2月15日までの間に対照と比較して減少させる効果を検討した研究をPubMed/MEDLINE、CENTRAL、Google scholar、Clinicaltrials.govで検索し、抗生物質エンベロープの効果を検討したシステマティックレビューとメタアナリシスを実施しました。リスク比(RR)と95%信頼区間(CI)を算出し、ランダム効果メタアナリシスを実施した。

METHODS: To examine the effect of an antibacterial envelope in reducing major CIED related infections, we performed a systematic review and meta-analysis by searching PubMed/MEDLINE, CENTRAL, Google scholar and Clinicaltrials.gov for studies that examined the effect of an antibiotic envelope in reducing major related CIED infections, comprising of device-related endocarditis, systemic infection requiring systemic antibiotics and or device extraction, compared to control up till February 15th, 2020. A random-effects meta-analysis was conducted by calculating risk ratios (RR) and respective 95% confidence intervals (CI).

結果:

我々は、11,897人の患者からなる6つの研究を含んでおり、そのうち5844人が抗生物質エンベロープを受け、6053人が受けなかった。対照群と比較して、手技時の抗生物質エンベロープの使用は、感染リスクの高い患者における主要なCIED関連感染症の有意な相対リスクの74%減少と関連していた(RR:0.26[95%CI:0.08-0.85]; P.x200A.26 [95% CI, 0.08-0.85]; P"Zs_200A"="Zs_200A".03)であったが、感染リスクのある試験に登録された患者では有意な減少は認められなかった(RR: 0.53 [95% CI, 0.06-4.52]; P"Zs_200A"="Zs_200A".56)。さらに、エンベロープを投与された患者では、対照と比較して死亡率の低下は観察されなかった(RR:1.15[95%CI、0.53-2.50];P"Zs_200A"="Zs_200A".72)。

RESULTS: We include 6 studies that comprise of 11,897 patients, of which 5844 received an antibiotic envelope and 6053 did not. Compared with control, utilization of an antibiotic envelope at the time of procedure was associated with a significant 74% relative risk reduction in major CIED related infections among patients at high risk for infection (RR: 0.26 [95% CI, 0.08-0.85]; P = .03), while no significant reduction was observed among patients enrolled from studies with any risk for infection (RR: 0.53 [95% CI, 0.06-4.52]; P = .56). Additionally, no reduction in mortality among patients that received an envelope compared to control was observed (RR: 1.15 [95% CI, 0.53-2.50]; P = .72).

結論:

デバイスの埋め込み時またはアップグレード時に抗生物質エンベロープを使用することで、特に感染リスクが高いと考えられる患者に使用した場合、主要なCIED感染を減らすことができます。

CONCLUSION: The utilization of an antibiotic envelope at the time of device implantation or upgrade reduces major CIED infections, especially if used in patients perceived to be at higher risk for infection.