国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

非小細胞肺癌に対する肺葉切除術の静脈第一手術と動脈第一手術。システマティックレビューとメタアナリシスのためのプロトコル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jun;99(26):e20768. 00005792-202006260-00029. doi: 10.1097/MD.0000000000020768.

非小細胞肺癌に対する肺葉切除術の静脈第一手術と動脈第一手術。システマティックレビューとメタアナリシスのためのプロトコル

Vein-first vs artery-first surgical technique for lobectomy of non-small cell lung cancer: A protocol for systematic review and meta-analysis.

  • Lei Gao
  • Zhimin Shen
  • Hui Xu
  • Fei Luo
  • Peipei Zhang
  • Tianci Chai
  • Sui Chen
  • Mingqiang Kang
PMID: 32590754 PMCID: PMC7328936. DOI: 10.1097/MD.0000000000020768.

抄録

背景:

肺がんの手術は、腫瘍を圧迫し、さらに腫瘍細胞の循環への拡散を促進する可能性があり、これが肺がんの転移・再発の原因の一つと考えられている。腫瘍細胞の拡散の潜在的なリスクは、理論的には、動脈を最初に結紮する代わりに、流出静脈を最初に結紮した場合(静脈第一[V-first]技術を介して)、最小化することができる。しかし、この技術的概念は十分なエビデンスがないため、現在のガイドラインでは外科腫瘍学の標準として広く受け入れられていない。このシステマティックレビューおよびメタアナリシスは、肺葉切除術中のどの手技が患者の生存期間を延長し、患者にとってより有益であるかを決定するために実施される。

BACKGROUND: The operation of lung cancer may squeeze the tumor and further promote the spread of tumor cells to the circulation, which may be one of the reasons for the metastasis and recurrence of lung cancer. The potential risk of tumor cell dissemination can theoretically be minimized if the effluent veins were ligated first (via the vein-first [V-first] technique), instead of having the artery ligated first (via the artery-first [A-first] technique). However, this technical concept has not yet been widely accepted as a standard of surgical oncology in current guidelines owing to a lack of sufficient evidence. This systematic review and meta-analysis will be performed to determine which technique during lobectomy will achieve longer patient survival and be more beneficial for patients.

方法:

PubMed、Web of Science、EMBASE、Cancerlit、Cochrane Central Register of Controlled Trials、Google Scholarのデータベースから、2020年10月1日以前に発表された任意の言語で関連する臨床試験を検索します。無作為化比較試験(RCT)、準RCT、プロペンシティスコアをマッチさせた比較試験、および前向きコホート研究(発表済み・未発表を問わず)のうち、包含基準を満たしている関心のあるものが対象となる。手術の種類、腫瘍病理学的病期、民族性などのサブグループ分析を行う。INPLASY登録番号:INPLASY202050060。

METHODS: We will search PubMed, Web of Science, EMBASE, Cancerlit, the Cochrane Central Register of Controlled Trials, and Google Scholar databases for relevant clinical trials published in any language before October 1, 2020. Randomized controlled trials (RCTs), quasi-RCTs, propensity score-matched comparative studies, and prospective cohort studies of interest, published or unpublished, that meet the inclusion criteria will be included. Subgroup analysis of the type of operation, tumor pathological stage, and ethnicity will be performed. INPLASY registration number: INPLASY202050060.

結果:

本研究の結果は、査読付きジャーナルに掲載されます。

RESULTS: The results of this study will be published in a peer-reviewed journal.

結論:

我々の知る限りでは、本研究は切除可能な非小細胞肺がんと診断された患者に対する葉切除術の静脈第一術式と動脈第一術式の有効性を比較した初のメタ解析となる。疾患や介入方法の性質上、無作為化比較試験が不十分な場合があり、質の高い非無作為化比較試験への組み入れを慎重に検討するが、結果として不均一性が高くなり、結果の信頼性に影響を及ぼす可能性がある。

CONCLUSION: As far as we know, this study will be the first meta-analysis to compare the efficacy of the vein-first and artery-first surgical technique of lobectomy for patients diagnosed with resectable non-small cell lung cancer. Due to the nature of the disease and intervention methods, randomized controlled trials may be inadequate, and we will carefully consider inclusion in high-quality, non-randomized controlled trials, but this may result in high heterogeneity and affect the reliability of the results.