国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

縦隔窓設定を用いた肺腺癌の侵襲径測定の有効性。レトロスペクティブ研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jun;99(26):e20594. 00005792-202006260-00010. doi: 10.1097/MD.0000000000020594.

縦隔窓設定を用いた肺腺癌の侵襲径測定の有効性。レトロスペクティブ研究

Efficacy of measuring the invasive diameter of lung adenocarcinoma using mediastinal window settings: A retrospective study.

  • Tsuyoshi Uchida
  • Hirochika Matsubara
  • Yuichiro Onuki
  • Hiroyasu Matsuoka
  • Tomofumi Ichihara
  • Hiroyuki Nakajima
PMID: 32590735 PMCID: PMC7328984. DOI: 10.1097/MD.0000000000020594.

抄録

最近発表された第8版の肺癌の腫瘍結節・転移分類では、T分類のためにグラウンドグラスノジュール(GGN)の固形成分の最大寸法を使用することが提案されています。しかし、縦隔窓設定を用いた場合の情報収集について検討した研究は少ない。本研究では、2004年から2013年の間に外科的治療後にシンスライスCTで検出された持続性のある部分的に固形のGGNを有する患者202人を対象に、縦隔窓設定を使用した場合のコンピュータ断層撮影(CT)スキャンから得られる腫瘍測定データを評価しました。我々は、反復測定分散分析を用いて、2人の異なる放射線科医によって測定された腫瘍径の違いを比較した。臨床T期(T1a+T1b vs T1c)に基づいて患者を2つのグループに分け、Kaplan-Meier曲線を用いて全生存(OS)および無病生存(DFS)の確率を推定した。男性94名、女性108名を対象とし、最大腫瘍径に対する圧密率が0.5以下の場合、腫瘍径間の差は有意に小さかった。臨床T期で分類された2つの臨床グループは、縦隔窓設定を使用した場合のDFSに関して有意に差があった。我々の研究では、2つの主要な知見が得られました。第一に、GGNの直径は、縦隔窓設定を使用してより正確に測定することができました。第二に、縦隔窓を用いた測定では、臨床T期がDFSに及ぼす影響がより明確に示された。

The recently published 8th edition of the tumor node and metastasis Classification of Lung Cancer proposes using the maximum dimension of the solid component of a ground glass nodule (GGN) for the T categorization. However, few studies have investigated the collection of this information when using mediastinal window settings. In this study, we evaluated tumor measurement data obtained from computed tomography (CT) scans when using mediastinal window settings.This study included 202 selected patients with persistent, partly solid GGNs detected on thin-slice CT after surgical treatment between 2004 and 2013. We compared the differences in tumor diameters measured by 2 different radiologists using a repeated-measures analysis of variance. We divided the patients into 2 groups based on the clinical T stage (T1a+T1b vs T1c) and estimated the probability of overall survival (OS) and disease-free survival (DFS) using Kaplan-Meier curves.The study included 94 male and 108 female patients. The inter-reviewer differences between tumor diameters were significantly smaller when the consolidation to maximum tumor diameter ratio was ≤0.5. The 2 clinical groups classified by clinical T stage differed significantly with respect to DFS when using the mediastinal window settings. However, no significant differences in OS or DFS were observed when using the lung window setting.Our study yielded 2 major findings. First, the diameters of GGNs could be measured more accurately using the mediastinal window setting. Second, measurements obtained using the mediastinal window setting more clearly depicted the effect of clinical T stage on DFS.