会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

分析的フレームのストレッチCOVID-19の間の遠隔療法を用いた分析セラピストの経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Am Psychoanal Assoc.2020 Jun;:3065120939298. doi: 10.1177/0003065120939298.Epub 2020-06-26.

分析的フレームのストレッチCOVID-19の間の遠隔療法を用いた分析セラピストの経験

Stretching the Analytic Frame: Analytic Therapists' Experiences with Remote Therapy During COVID-19.

  • Vera Békés
  • Katie Aafjes-van Doorn
  • Tracy A Prout
  • Leon Hoffman
PMID: 32589042 DOI: 10.1177/0003065120939298.

抄録

リモートセラピーは、それが分析的なフレームと関係ダイナミクスを歪めるかもしれないという懸念から、多くの人が定期的にそれを使用することに消極的であったが、かなりの時間の間、分析的なセラピストによって使用されています。今Covid-19パンデミックは、セラピストがリモートセラピーへの突然の、全面的な移行を行うことを余儀なくされています。この研究では、190人の分析セラピストからの調査回答を報告している。パンデミック時のビデオ会議を介してオンラインセラピーへの移行とリモートセラピー(大多数はそのような経験を持っていた)と彼らの以前の経験に基づいています。パンデミックが発生した際には、様々な方法で移行に向けた準備を行っていた。調査対象者の大多数は、オンラインセッションにおいても、以前の対面での作業と同様に自信と能力を感じていると報告した。さらに、技術的な問題や人間関係の問題があったにもかかわらず、オンラインでのセラピーセッションでは、対面でのセッションと同じように、強く、感情的につながり、信頼感を保っていたと報告しています。パンデミック中のこれらの経験により、オンラインセラピーに対する肯定的な見方が以前よりも増えましたが、それでも大多数の人はオンラインセラピーの効果は対面セッションよりも低いと考えていました。

Remote therapy has been used by analytic therapists for quite some time, though many have been reluctant to use it regularly, out of concern that it might distort analytic frame and relational dynamics. Now the Covid-19 pandemic has forced therapists to make a sudden, across-the-board transition to remote therapy. This study reports on survey responses from 190 analytic therapists on their transition to online therapy via videoconferencing during the pandemic and their previous experience with remote therapy (the majority had such experience). During the pandemic they prepared themselves and their patients for the transition in a variety of ways. The majority of those surveyed reported feeling as confident and as competent in their online sessions as in their earlier in-person work. Moreover, despite technical and relational challenges, they remained as strong, emotionally connected, and authentic in their online therapy sessions as they were in person. These experiences during the pandemic led to more positive views of online therapy than they held before, but a majority still considered online therapy less effective than in-person sessions.