会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

日本人中高年男性における口腔内健康状態と糖尿病性腎症関連指標との関連性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Diabetes Res.2020;2020:4042129. doi: 10.1155/2020/4042129.Epub 2020-06-07.

日本人中高年男性における口腔内健康状態と糖尿病性腎症関連指標との関連性

Association between Oral Health Status and Diabetic Nephropathy-Related Indices in Japanese Middle-Aged Men.

  • Masami Yoshioka
  • Yoshifumi Okamoto
  • Masahiro Murata
  • Makoto Fukui
  • Shizuko Yanagisawa
  • Yasuhiko Shirayama
  • Kojiro Nagai
  • Daisuke Hinode
PMID: 32587866 PMCID: PMC7303739. DOI: 10.1155/2020/4042129.

抄録

口腔内の健康状態は、糖尿病や慢性腎臓病などの生活習慣病との関連性が知られています。日本では、透析患者の約40%が糖尿病性腎症患者である。本研究の目的は,日本人中年男性における口腔内健康状態と糖尿病性腎症関連指標との関連を明らかにすることであった。歯の残存本数が20本以上の男性(年齢範囲:55~64歳)で,公的な健康診断と口腔内検査を受けている66名を登録した。年齢、体格指数、HbA1c、HDL-C、LDL-C、中性脂肪、血清クレアチニン、および推定糸球体濾過率(eGFR)と残存歯数またはコミュニティ歯周指数(CPI)スコア(歯周ポケット4mm未満:0、4-6mm:1、6mm以上:2)との相関を調べた。CPIスコアと血清クレアチニンとの間には正の相関が、CPIスコアとeGFRとの間には負の相関(スピアマンの順位相関係数、=0.459、<0.01、および=-0.460、<0.01)が観察された。CPIスコア0群の平均eGFRはCPIスコア1/2群よりも有意に高かった(82.6 vs. 70.7、Student's -test、<0.01)。eGFRを従属変数として、年齢、CPIスコア、ボディマス指数、HbA1c、中性脂肪を独立変数として使用したロジスティック回帰分析では、低eGFR(<60)はCPIスコアに起因する可能性が示唆された(OR = 3.169、95%CI:1.031-9.742、= 0.044)。これらの結果は、日本人中年男性における歯周状態と腎機能との関連性を示唆している。歯周状態は口腔内予防によってコントロールされており、歯周病と慢性腎臓病には共通の危険因子がある。したがって,歯周管理は重症慢性腎臓病の予防に寄与する可能性がある.

Oral health status is known to be associated with lifestyle-related diseases such as diabetes and chronic kidney disease. In Japan, around 40% of hemodialysis cases are patients with diabetic nephropathy. The aim of this study was to clarify the association between oral health status and diabetic nephropathy-related indices in Japanese middle-aged men. Sixty-six men (age range: 55-64 years) with ≥20 remaining teeth and who received public medical checkups and oral examinations were enrolled. We examined correlations of age, body mass index, HbA1c, HDL-C, LDL-C, neutral fat, serum creatinine, and the estimated glomerular filtration rate (eGFR) with the number of remaining teeth or the community periodontal index (CPI) score (periodontal pocket < 4 mm: 0, 4-6 mm: 1, ≥6 mm: 2). A positive correlation between the CPI score and serum creatinine and a negative correlation between CPI score and eGFR (Spearman's rank correlation coefficient, = 0.459, < 0.01, and = -0.460, < 0.01, respectively) were observed. The mean eGFR in the CPI score 0 group was significantly higher than that in the CPI score 1/2 group (82.6 vs. 70.7, Student's -test, < 0.01). Logistic regression analysis using eGFR as a dependent variable and age, CPI score, body mass index, HbA1c, and neutral fat as independent variables suggested that low eGFR (<60) could be attributed to CPI score (OR = 3.169, 95% CI: 1.031-9.742, = 0.044). These results suggest a possible association between periodontal status and renal function in Japanese middle-aged men. Periodontal condition is controlled by oral prophylaxis, and periodontal disease and chronic kidney disease have some common risk factors. Thus, periodontal management can contribute to the prevention of severe chronic kidney disease.

Copyright © 2020 Masami Yoshioka et al.