会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

耳石経路を伴う核前神経障害を伴う先天性第三頭蓋神経麻痺。先天性第三頭蓋神経麻痺の根底には、新しい先天性頭蓋神経障害が存在する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Indian J Ophthalmol.2020 Jul;68(7):1478-1480. IndianJOphthalmol_2020_68_7_1478_287503. doi: 10.4103/ijo.IJO_1627_19.

耳石経路を伴う核前神経障害を伴う先天性第三頭蓋神経麻痺。先天性第三頭蓋神経麻痺の根底には、新しい先天性頭蓋神経障害が存在する

Congenital third cranial nerve palsy with prenuclear dysinnervation involving otolithic pathways: Underpinnings of a novel congenital cranial dysinnervation disorder.

  • Pramod K Pandey
  • Divya Kishore
  • Annu Joon
  • Priya Saraf
PMID: 32587205 DOI: 10.4103/ijo.IJO_1627_19.

抄録

片側性クリプトルキディズムと腎形成不全を呈した10歳の男児が、外向性障害を伴う片側性先天性第三頭蓋神経麻痺の特徴を示した。先天性第三核・神経節低形成と二次性神経障害は、先天性頭蓋神経障害障害(CCDD)と分類されている。核前構造、耳石経路、Cajal間質核(INC)、前置核低位核、第三・第六神経核の間の誤配線が原因であると考えられている。もしクリプトルキディズムと腎無形成が認められれば、Duan-radial ray syndromeやacro-renal-ocular/IVIC syndromesと重複する表現型を示唆しているかもしれません。

A 10-year-old boy with unilateral cryptorchidism and renal aplasia displayed features of unilateral congenital pupil sparing third cranial nerve palsy with exotropia manifesting novel dysinnervation encompassing synergistic divergence with upshoot, convergence on attempted upgaze, gaze-evoked phasic conjugate torsion, and gaze-evoked nystagmus. Congenital third nucleus/nerve hypoplasia with secondary dysinnervation is classfied as congenital cranial dysinnervation disorder (CCDD). It is speculated that miswiring between prenuclear structures, otolithic pathways, interstitial nucleus of Cajal (INC), nucleus prepositus hypoglossi, and third and sixth nerve nuclei likely resulted in this novel dysinnervation. Cryptorchidism and renal aplasia if seen may point towards an overlapping phenotype with Duane-radial ray syndrome and acro-renal-ocular/IVIC syndromes.