会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

肯定的な良心の主張は、否定的な良心の主張と同じ保護を受けるべきか?非対称性の議論を明らかにする | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Ethics.2020;31(2):136-142. 2020312136.

肯定的な良心の主張は、否定的な良心の主張と同じ保護を受けるべきか?非対称性の議論を明らかにする

Should Positive Claims of Conscience Receive the Same Protection as Negative Claims of Conscience? Clarifying the Asymmetry Debate.

  • Abram L Brummett
PMID: 32585657

抄録

臨床医の良心をめぐる議論では、倫理的、法的、学術的に、良心の主張は肯定的なものよりも否定的なものに焦点が当てられている。この非対称性は、法の下での臨床医の良心に関して、一見正当化されていないように見える二重基準を生み出している。例えば、世俗的な施設に勤務するローマ・カトリックの医師は、良心に基づいて死亡時の医師の援助を拒否することができるが、世俗的な施設に勤務するローマ・カトリックの医師は、良心に基づいて死亡時の医師の援助を行うことを主張することはできない。この論文では、この非対称性に対する議論を概説し、良心の肯定的な主張が肯定的な権利としての良心か否定的な権利としての良心かを区別できていないことを批判している。私は、非対称性の議論は、正の権利としての良心の正の主張が、良心の負の主張と同じ保護を享受すべきかどうかに焦点を当てるべきであると提案する。このように議論を明確にすることは、これらの議論が対処してこなかった非対称性の最善の理由のいくつかを明らかにするのに役立つ。この記事では、非対称性が正当化されるかどうかについて決定的な立場をとるものではないが、非対称性に反対する議論を、正の権利としての良心の正の主張と良心の負の主張との間の有意な違いに対処するように向けることで、議論に焦点を当てることを試みる。

In the debate over clinicians' conscience, there is a greater ethical, legal, and scholarly focus on negative, rather than positive, claims of conscience. This asymmetry produces a seemingly unjustified double standard with respect to clinicians' conscience under the law. For example, a Roman Catholic physician working at a secular institution may refuse to provide physician-aid-in-dying on the basis of conscience, but a secular physician working at a Roman Catholic institution may not insist on providing physician-aid-in-dying on the basis of conscience. This article outlines arguments against this asymmetry and critiques them for failing to distinguish between positive claims of conscience as positive or negative rights. I suggest the asymmetry debate should be focused on whether positive claims of conscience as positive rights ought to enjoy the same protections as negative claims of conscience. Clarifying the debate in this way helps elucidate some of the best reasons for the asymmetry, which these arguments have not addressed. This article does not take a definitive position on whether the asymmetry is justified, but attempts to bring some focus to the debate by directing arguments against the asymmetry to address the significant differences between positive claims of conscience as positive rights and negative claims of conscience.

Copyright 2020 The Journal of Clinical Ethics. All rights reserved.