会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯列矯正患者における初回アーチワイヤー装着後の疼痛コントロールにおけるイブプロフェン、チューインガム、バイトウェハーの比較評価。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Contemp Dent Pract.2020 Apr;21(4):416-420. 1526-3711-2557. Epub 2020-04-01.

歯列矯正患者における初回アーチワイヤー装着後の疼痛コントロールにおけるイブプロフェン、チューインガム、バイトウェハーの比較評価。

Comparative Assessment between Ibuprofen, Chewing Gum, and Bite Wafers in Pain Control Following First Archwire Placement in Orthodontic Patients.

  • Eman I Al Shayea
PMID: 32584279

抄録

目的:

本研究は、サウジアラビアの矯正歯科患者における第一アーチワイヤー作動後の疼痛緩和における噛み合わせウエハースとチューインガムの使用の有効性を調査し、イブプロフェン使用と比較して評価することを目的とした。さらに、チューインガムとプラスチックウエハースが矯正器具の破損頻度に及ぼす影響を調査した。

PURPOSE: This study aimed to investigate the effectiveness of using bite wafers and chewing gum in relieving pain after the activation of the first archwire among Saudi orthodontic patients and evaluating them in comparison with ibuprofen use. Furthermore, the study investigated the effect of chewing gum and plastic wafers on the frequency of orthodontic appliance breakage.

材料と方法:

上顎・下顎固定装置治療を受けた15~35歳の女性患者105名を、それぞれ35名ずつの3群に無作為に分類した。各群とも、患者には、最初のアーチワイヤーを装着した直後に、必要に応じて1週間、8時間ごとに、イブプロフェン(400mg)、または粘弾性咬合ウエハ、またはチューインガムのいずれかの治療を行った。最初のアーチワイヤー装着後の痛みの知覚を記録するために、視覚的アナログスケールを患者に与えた。さらに、患者は上記の方法を使用している間にブラケットが外れた場合の発生率を報告するように求められた。データは分散分析(ANOVA)を用いて分析した。

MATERIALS AND METHODS: A total of 105 female patients aged 15-35 years, undergoing maxillary and mandibular fixed appliance treatment were classified randomly into three groups of 35 each. In each group, the patients were given one of the following treatments immediately after the placement of the first archwire, every 8 hours for 1 week as needed: ibuprofen (400 mg), or a viscoelastic bite wafer, or chewing gum. A visual analog scale was given to the patients to record their pain perception following initial archwire placement. In addition, the patients were asked to report any incidence of detached brackets while using the above methods. Data were analyzed using analysis of variance (ANOVA).

結果:

3つのグループ間では、どの時間間隔での痛みの知覚にも統計的に有意な差は認められなかった。本研究では、異なるグループ間での就寝時とワイヤー装着後24時間に経験した痛みは、最大強度がわずかに高く、各疼痛緩和方法の中で異なる時間間隔での痛み知覚の所見は統計的に有意であった(=0.000, <0.05)。さらに、ANOVAの結果は、群間のブラケット剥離に有意差はなかったことを示している(=0.20、<0.05)。

RESULTS: No statistically significant differences were found in pain perception at any time interval among the three groups. The pain experienced at bedtime and 24 hours after wire placement among different groups in the present study was found to be slightly higher with maximum intensity and the pain perception finding at different time intervals within each pain relief method was statistically significant ( = 0.000, < 0.05). Furthermore, ANOVA results demonstrate no significant differences in bracket detachment between the groups ( = 0.20, < 0.05).

結論:

サウジアラビアの矯正歯科患者において、固定式矯正装置の初回作動後の疼痛緩和には、噛み砕きガムと噛み砕きガムの使用が効果的であり、イブプロフェンと同等であった。さらに、本研究では、両群間のブラケット剥離に臨床的または統計学的に有意な差は認められなかった。

CONCLUSION: The use of bite wafers and chewing gum was effective and comparable to ibuprofen use for pain relief following the initial activation of fixed orthodontic appliances among Saudi orthodontic patients. In addition, the study found no clinically or statistically significant differences in bracket detachment between the groups.

臨床的意義:

チューインガムや噛み砕きガムなどの非薬物による疼痛コントロール方法は、固定式矯正装置の初回作動後のイブプロフェン使用の代替手段として使用することができる。

CLINICAL SIGNIFICANCE: The nondrug modalities of controlling pain such as chewing gum and/or bite wafers can be used as an alternative to ibuprofen use following the first activation of fixed orthodontic appliances.