会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

犬の全腹腔鏡下胃瘻造設術で使用するための吸収性固定ストラップのバイオメカニクス的評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. J. Vet. Res..2020 Jul;81(7):594-599. doi: 10.2460/ajvr.81.7.594.

犬の全腹腔鏡下胃瘻造設術で使用するための吸収性固定ストラップのバイオメカニクス的評価

Biomechanical evaluation of an absorbable fixation strap for use in total laparoscopic gastropexy in dogs.

  • Laura Fracassi
  • Alberto Maria Crovace
  • Francesco Staffieri
  • Luca Lacitignola
PMID: 32584176 DOI: 10.2460/ajvr.81.7.594.

抄録

目的:

犬の死体からの標本を用いて、様々な角度で展開された腹腔鏡下吸収性固定ストラップ(AFS)の荷重-失敗の結果と、AFSと吸収性ノットレス縫合糸(有刺鉄線)との比較を行う。

OBJECTIVE: To compare load-to-failure results for laparoscopic absorbable fixation straps (AFSs) deployed at various angles and for AFSs versus absorbable knotless (barbed) suture when used in simulated total laparoscopic gastropexy (TLG) in specimens from cadaveric dogs.

サンプル:

胃・腹腔内体壁標本30点

SAMPLE: 30 stomach and abdominal body wall specimens.

手続き:

試験片は、30°、60°、または90°に展開された単一のAFS(AFS-角度グループ。n = 10)、または単純な連続パターンで3-0吸収性ノットレス(有刺)モノフィラメント縫合糸を3-0吸収性ノットレス(有刺)モノフィラメント縫合糸を使用して達成された4~5cmの胃ペキシースパン(TLG-1; 10)と、展開角度が30°以上(TLG-2; 10)で適用された8個のAFSを使用して達成された胃ペキシースパン(TLG-2; 10)についての結果。AFSの展開角度(30°、60°、または90°)の間で、およびTLG-1とTLG-2の間で結果を比較するために、1-way ANOVAを使用した。

PROCEDURES: Specimens were assigned to 1 of 3 groups for use in simulated TLG constructs for comparisons of load-to-failure results for single AFSs deployed at 30°, 60°, or 90° (AFS-angle group; n = 10) or for a gastropexy span of 4 to 5 cm achieved with 3-0 absorbable knotless (barbed) monofilament suture applied in a simple continuous pattern (TLG-1; 10) versus 8 AFSs applied with a deployment angle > 30° (TLG-2; 10). A 1-way ANOVA was used to compare results among AFS deployment angles (30°, 60°, or 90°) and between TLG-1 and TLG-2.

結果:

AFS 展開角度 60°(8.00 ± 3.90 N)および 90°(12.71 ± 8.00 N)では、30°(5.17 ± 1.90 N)と比較して、AFS 展開角度群の平均 ± SD 荷重が有意に高かった。しかし、TLG-1(39.18±7.1 N)とTLG-2(31.43±10.86 N)の故障までの平均±SD荷重には実質的な差は認められなかった。

RESULTS: Mean ± SD load to failure for the AFS-angle group was significantly higher for the AFS deployment angles of 60° (8.00 ± 3.90 N) and 90° (12.71 ± 8.00 N), compared with 30° (5.17 ± 1.90 N). However, no substantial difference was detected in the mean ± SD load to failure for TLG-1 (39.18 ± 7.1 N) versus TLG-2 (31.43 ± 10.86 N).

結論と臨床的有用性:

本研究の結果は、犬の胃ペキシーにおけるAFSの使用の可能性を支持するものであった;しかしながら、推奨を行うには、十分な長期追跡調査を伴う前向きな臨床研究が必要である。

CONCLUSIONS AND CLINICAL RELEVANCE: Results of the present study supported the potential use of AFSs in gastropexy in dogs; however, prospective clinical research with adequate long-term follow-up is warranted before recommendations can be made.