国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

神経性食欲不振の若年者への強制経鼻胃栄養のための手動拘束の投与に関する看護助手の経験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Ment Health Nurs.2020 Jun;doi: 10.1111/inm.12758.Epub 2020-06-24.

神経性食欲不振の若年者への強制経鼻胃栄養のための手動拘束の投与に関する看護助手の経験

Nursing assistants' experiences of administering manual restraint for compulsory nasogastric feeding of young persons with anorexia nervosa.

  • Michael Kodua
  • Jay-Marie Mackenzie
  • Nina Smyth
PMID: 32578949 DOI: 10.1111/inm.12758.

抄録

身体的拘束の一種である手動拘束は、入院患者の精神保健施設では一般的に行われており、スタッフや患者の身体的・心理的転帰に悪影響を及ぼすことが知られている。しかし、入院中の摂食障害の設定内での神経性食欲不振の患者の強制的な経鼻胃栄養のための手動拘束の使用についてはほとんど知られていません。本現象学的研究は、神経性食欲不振の若年者の経鼻胃強制給餌のための手動拘束の管理に関する看護助手の経験を探ることを目的としています。研究はCOREEQガイドラインに従った。8つの半構造化面接が、英国の1つの入院患者である小児および思春期の摂食障害サービスから8人の看護助手を対象に実施されました。インタビューは、口頭で転写され、テーマ別分析を使用して分析した。3つのテーマが抽出された。不快な練習、対処の重要性、および脱感作と感作になる。介護支援者は、手動による拘束の結果、感情的苦痛、身体的疲労、身体的傷害、身体的攻撃性を一般的に経験していました。看護助手は、同僚や回復が進んでいる若者と話したり、手動拘束の間に身を引き離したりすることで、苦痛に対処しているように見えました。調査結果は、英国の神経性食欲不振の若者の強制的な経鼻胃栄養のための手動拘束の使用は、看護助手にとって非常に苦痛を伴う実践であることを強調しています。したがって、十分な監督、サポート、およびトレーニングがこれらの設定で働いているスタッフに利用できるようにすることが重要です。

Manual restraint, a type of physical restraint, is a common practice in inpatient mental health settings linked to adverse physical and psychological staff and patient outcomes. However, little is known about the use of manual restraint for compulsory nasogastric feeding of patients with anorexia nervosa within inpatient eating disorder settings. The present phenomenological study aimed to explore nursing assistants' experiences of administering manual restraint for compulsory nasogastric feeding of young persons with anorexia nervosa. The study followed COREQ guidelines. Eight semi-structured interviews were conducted with eight nursing assistants from one UK inpatient child and adolescent eating disorder service. Interviews were transcribed verbatim and analysed using thematic analysis. Three themes were extracted: An unpleasant practice, importance of coping, and becoming desensitized and sensitized. Nursing assistants commonly experienced emotional distress, physical exhaustion, physical injury and physical aggression as a result of their manual restraint use. Nursing assistants appeared to cope with their distress by talking with colleagues and young persons who were further in their recovery, and by detaching themselves during manual restraint incidents. The findings highlight that the use of manual restraint for compulsory nasogastric feeding of young persons with anorexia nervosa in the UK is a highly distressing practice for nursing assistants. It is therefore important that sufficient supervision, support, and training are made available to staff working in these settings.

© 2020 Australian College of Mental Health Nurses Inc.