国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

経口抗凝固薬治療中の患者の教育診断。レトロスペクティブ研究とプロスペクティブ分析に基づいた4項目の患者プロファイルスコアの開発 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Med Vasc.2020 Jul;45(4):184-191. S2542-4513(20)30267-4. doi: 10.1016/j.jdmv.2020.04.013.Epub 2020-05-24.

経口抗凝固薬治療中の患者の教育診断。レトロスペクティブ研究とプロスペクティブ分析に基づいた4項目の患者プロファイルスコアの開発

Educational diagnosis of patients under oral anticoagulant therapy: Development of a 4-category patient profiling score based on a retrospective study and prospective analysis.

  • C Ostrowka
  • L Journeau
  • L Plaisance
  • G Poenou
  • S E Mecherour
  • H Helfer
  • I Mahé
PMID: 32571558 DOI: 10.1016/j.jdmv.2020.04.013.

抄録

背景:

経口抗凝固薬は多くの病態に使用されており、その消費量は増加傾向にある。しかし、その発生を防止するためには、使用上の注意と患者への教育が必要である。患者の理解度やコンプライアンスには個人差がある。そのため,教育診断を患者プロファイリングスコアで標準化し,個々の患者プロファイルに合わせた治療教育を行うことが必要であると考えられる。

BACKGROUND: Oral anticoagulants are used in numerous pathologies and their consumption is growing. However, to prevent their occurrence, their use should be supervised and the patients educated. Patients vary in understanding and compliance. Therefore, it seems necessary to standardize educational diagnosis with a patient profiling score to adapt therapeutic education to the individual patient profile.

方法:

2014年10月~2015年12月に実施された経口抗凝固薬治療を受け,治療教育プログラムに参加した連続した患者の観察に基づくレトロスペクティブ研究。12項目の質問紙により、教育診断に基づいて4つのプロファイルを区別した。抗凝固薬の適応があり,Louis-Mourier病院(AP-HP,パリ大学)の内科に入院した連続した患者を含む前向き二重盲検試験において,質問紙を用いて臨床医が定義した患者のプロファイルと,標準化された教育診断後の治療教育指導者が定義した患者のプロファイルを比較した。

METHOD: A retrospective study based on observation of consecutive patients treated by an oral anticoagulant therapy and involved in a therapeutic education program conducted between October 2014 and December 2015. A 12-item questionnaire distinguished 4 profiles based on the educational diagnosis. In a prospective double-blind study including consecutive patients with an indication to anticoagulants and admitted to the Internal Medicine department of the Louis-Mourier Hospital (AP-HP, University of Paris), the patient's profile defined by a clinician using the questionnaire was compared to the one defined by the Therapeutic Education Leader after standardized educational diagnosis.

結果:

質問紙は53名の患者を対象にプロスペクティブにテストされ,そのうち26名はTEPリーダーによる完全な治療教育を受けていた。いずれにしても,質問紙を用いた評価は,治療教育の専門家によって決定された患者のプロフィールを特定することに成功した.

RESULTS: The questionnaire was tested prospectively in 53 patients, 26 of which had also a complete therapeutic education by the TEP leader. In any case, the assessment assisted by the questionnaire succeeded in identifying the patient profile, as determined by the therapeutic education specialist.

結論:

本問診票は,異なる患者プロファイルを識別するのに役立つため,教育診断の標準化につながる.このような観点から、個々の患者プロファイルに合わせた治療教育を行い、コンプライアンスを向上させることを目的としている。

CONCLUSION: The present questionnaire helps identify different patient profiles and therefore standardize educational diagnosis. The perspective is to adapt therapeutic education to individual patient profile, with the objective to improve compliance.

Copyright © 2020 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.