会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アジアおよび東南アジア諸国におけるベテルクイドとアレカナッツの習慣と管理の概要。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Subst Use Misuse.2020;55(9):1533-1544. doi: 10.1080/10826084.2019.1657149.

アジアおよび東南アジア諸国におけるベテルクイドとアレカナッツの習慣と管理の概要。

An Overview on Betel Quid and Areca Nut Practice and Control in Selected Asian and South East Asian Countries.

  • Shilpa Gunjal
  • Deepak Gowda Sadashivappa Pateel
  • Yi-Hsin Yang
  • Jennifer Geraldine Doss
  • Sobia Bilal
  • Thaddius Herman Maling
  • Ravi Mehrotra
  • Sok Ching Cheong
  • Rosnah Binti Mohd Zain
PMID: 32569533 DOI: 10.1080/10826084.2019.1657149.

抄録

アレカの実(AN)とベテルクイド(BQ)を噛むことは、世界の人口の大部分の人々が行っている古代からの習慣である。これらの習慣は、南アジア、東南アジアの大部分と西太平洋諸国の一部では固有のものである。これらの習慣の普及率は、地域、年齢、性別、文化的習慣、社会経済的地位のグループによって異なります。予防・予防プログラムやBQの使用に関する政策ガイドラインに関しては、国によってかなりのばらつきがある。 (1) アジアおよび西太平洋諸国におけるBQ咀嚼の有病率、習慣、予防的介入および政策の概要を提供する。(2) BQ使用に関連するさまざまな用語を探求する。 BQ、AN、および口腔がんに関連する現在の文献の叙述的レビューを、PBMD、CINAHL、およびGOOGLEデータベースを検索して実施した。 文献レビューの結果、BQの有病率が最も高いのはパプアニューギニアであり、次いでバングラデシュ、インド、パキスタン、ミャンマー、スリランカの順であった。一方、カンボジア、マレーシア、インドネシア、台湾の有病率は比較的低かった。無煙たばこ、たばこ入りBQ、たばこなしBQ、ANは、様々な研究でBQに使用されている用語のいくつかであった。 BQとANの咀嚼習慣に関連した有病率や介入政策は、選択した国によって大きく異なる。BQと口腔がんとの関連性の認識が高まっていることから、より良い認識、予防、介入戦略が必要とされている。また、BQに関連する用語の使用にもかなりのばらつきがあることがわかった。

Areca nut (AN) and betel quid (BQ) chewing are ancient practices followed by an extensive proportion of the world's population. These practices are endemic in larger parts of South and Southeast Asia and selected Western Pacific countries. The prevalence of these habits varies across regions, age, gender, cultural practice, and socioeconomic status groups. Considerable variations exist between countries with respect to prevention/intervention programs, and policy guidelines of BQ usage. (1) To provide an overview of the BQ chewing prevalence, practices, preventive interventions and policies in selected Asian and Western Pacific countries. (2) To explore the different terminologies associated with BQ use. A narrative review of the current literature related to BQ, AN, and oral cancer was conducted by searching PUBMED, CINAHL, and GOOGLE databases. The literature review revealed that the prevalence of BQ was found to be highest in Papua New Guinea, followed by Bangladesh, India, Pakistan, Myanmar and Sri Lanka. While, Cambodia, Malaysia, Indonesia and Taiwan had comparatively lower prevalence. Smokeless tobacco, BQ with tobacco, BQ without tobacco, AN were some of the terminologies used for BQ in various studies. The prevalence, and the interventional policies related to BQ and AN chewing habits varies widely among the selected countries. With the increasing awareness and association of BQ with oral cancer, there is a need to have better awareness, prevention and interventional strategies in place. We also found considerable variation in the use of terminologies associated with BQ.