国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

大型気管内腫瘍の可撓性気管支鏡下切除時に気管ステノーシス遠位端で高周波ジェット換気を行った。症例シリーズ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jun;99(25):e19929. 00005792-202006190-00003. doi: 10.1097/MD.0000000000019929.

大型気管内腫瘍の可撓性気管支鏡下切除時に気管ステノーシス遠位端で高周波ジェット換気を行った。症例シリーズ

High frequency jet ventilation at the distal end of tracheostenosis during flexible bronchoscopic resection of large intratracheal tumor: Case series.

  • Guang-Qiu Zhu
  • Xiao-Mai Wu
  • Dong-Hang Cao
PMID: 32569155 PMCID: PMC7310889. DOI: 10.1097/MD.0000000000019929.

抄録

はじめに:

柔軟性のある気管支鏡を介した重度の閉塞を伴う大きな気管内腫瘍の切除は、依然として麻酔科医にとって手ごわい課題である。気管閉塞の近位に配置された多くの人工気道では、十分な酸素供給を確保することができない。いかに効果的なガス交換を確保するかが麻酔管理には極めて重要である。

INTRODUCTION: Resection of a large intratracheal tumor with severe obstruction via flexible bronchoscope remains a formidable challenge to anesthesiologists. Many artificial airways positioned proximal to tracheal obstruction can not ensure adequate oxygen supply. How to ensure effective gas exchange is crucial to the anesthetic management.

患者の悩み:

気管内腔の70~85%を占める気管内腫瘍の患者5名が、柔軟性のある気管支鏡を用いた腫瘍切除術を予定していた。

PATIENT CONCERNS: Five patients of intratracheal tumor occupying 70% to 85% of the tracheal lumen were scheduled for tumor resection via flexible bronchoscope.

診断:

症状、レントゲン所見、気管支鏡検査の結果から気管内腫瘍と診断された。

DIAGNOSIS: The patients were diagnosed with intratracheal tumor based on their symptoms, radiographic findings and tracheoscopy.

介入:

我々は手術中に気管支内吸引カテーテルを用いて気管切開遠位に高周波ジェット換気(HFJV)を行い、酸素の良好な供給を確保した。自然呼吸を維持したまま全身麻酔を適用した。両側上喉頭神経(SLN)ブロックと十分な局所麻酔を重視した包括的な麻酔プロトコール。気管内吸引カテーテルを経鼻的に気管内に導入し、ファイバー気管支鏡を用いて直視下で先端をカリナに近づけて気管ステノーシスを進行させた。その後、吸引カテーテルを介してHFJVを行った。

INTERVENTIONS: We describe a technique of high frequency jet ventilation (HFJV) using an endobronchial suction catheter distal to tracheostenosis during the surgery, which ensured the good supply of oxygen. We applied general anesthesia with preserved spontaneous breathing. A comprehensive anesthesia protocol that emphasizes bilateral superior laryngeal nerve (SLN) block and sufficient topical anesthesia. An endobronchial suction catheter was introduced transnasally into the trachea and then advanced through the tracheostenosis with the tip proximal to the carina under direct vision with the aid of fiber bronchoscope. HFJV was then performed through the suction catheter.

アウトカム:

手術中のSPO2は97%以上を維持していました。手術開始後、気管内腔の十分な開存率が約30"Zs_200A"minに達すると、二酸化炭素の滞留は明らかに緩和された。手術終了時にはHFJVは停止し、すべての患者が満足のいく自発呼吸をしていました。

OUTCOMES: The SPO2 maintained above 97% during the surgery. Carbon dioxide retention was alleviated obviously when adequate patency of the trachea lumen achieved about 30 min after the beginning of surgery. HFJV was ceased and all patients had satisfactory spontaneous breathing at the end of the procedure.

結論:

気管支ステノーシスの遠位端での高周波ジェット換気(HFJV)は、気管支内の大きな腫瘍の柔軟な気管支鏡下での切除時に適切な換気法である。

CONCLUSION: HFJV at the distal end of tracheostenosis is a suitable ventilation strategy during flexible bronchoscopic resection of a large intratracheal tumor.