国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

COVID-19の新たな薬物療法 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J R Coll Physicians Edinb.2020 06;50(2):133-137. doi: 10.4997/JRCPE.2020.210.

COVID-19の新たな薬物療法

Emerging pharmacotherapy for COVID-19.

  • Brian Lipworth
  • Chris RuiWen Kuo
  • Rory Chan
PMID: 32568282 DOI: 10.4997/JRCPE.2020.210.

抄録

大まかに言えば、COVID-19の薬理学的治療は、ウイルス複製の抑制や細胞の侵入を阻害することで疾患の初期に上流経路に作用するものと、適応性免疫サイトカイン介在性炎症反応の選択的な減衰を介して後に下流経路に作用するものに分けられる。抗ウイルス薬のレムデシビルは、インターフェロンβ-1bがウイルスクリアランスを早める可能性がある一方で、疾患期間を短縮することが示されています。ヒドロキシクロロキンの結果は、これまでのところ、かなり期待はずれである。抗インターロイキン-1(抗IL-1)や抗インターロイキン-6(抗IL-6)などの選択的サイトカイン遮断薬を用いた試験では、より重症化した症例での効果が期待できることが示されているが、大規模な第3相無作為化比較試験での確認が必要とされている。併存疾患を有する高齢者の重症COVID-19感染症の進行を予防するためには、上流経路と下流経路の両方に対応する併用療法が必要となる可能性があり、予後が悪化しやすいリスクの高いグループを対象とした更なる研究が必要であると考えている。

Broadly speaking, pharmacological treatments for COVID-19 can be divided into those acting on upstream pathways early on in the disease process via suppression of viral replication or by inhibiting cell entry, and those acting on downstream pathways later on via selective attenuation of the adaptive immune cytokine-mediated inflammatory response. The antiviral drug remdesivir has been shown to shorten duration of disease while interferon beta-1b may speed up viral clearance. The results with hydroxychloroquine have thus far been rather disappointing. Trials with selective cytokine blockers including anti-interleukin-1 (anti-IL-1) and anti-interleukin-6 (anti-IL-6), have shown some promise in more severe cases, with further confirmation being required from large-scale phase-3 randomised controlled trials. The likelihood is that combination therapy addressing both upstream and downstream pathways may be required to prevent progression of severe COVID-19 infection in susceptible older patients with comorbidities and we believe further studies are now warranted to specifically target such at-risk groups who are more prone to worse outcomes.