会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

イラン西部の患者におけるアテローム性動脈硬化症と遺伝的関連性および血清パラオキソナーゼレベル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mol. Biol. Rep..2020 Jun;10.1007/s11033-020-05585-2. doi: 10.1007/s11033-020-05585-2.Epub 2020-06-21.

イラン西部の患者におけるアテローム性動脈硬化症と遺伝的関連性および血清パラオキソナーゼレベル

Genetic associations and serum paraoxonase levels with atherosclerosis in western Iranian patients.

  • Gholamreza Shahsavari
  • Negar Nouryazdan
  • Glavizh Adibhesami
  • Mehdi Birjandi
PMID: 32567023 DOI: 10.1007/s11033-020-05585-2.

抄録

動脈壁における低密度リポ蛋白(LDL)の酸化的修飾は、複雑で進行性の疾患である動脈硬化の開始と進行に極めて重要な役割を果たしている。脂質代謝に必要なパラオキソナーゼ1(PON1)は、LDLを酸化から守る働きがあると考えられています。本研究では、イラン西部の動脈硬化症患者におけるPON1遺伝子Leusin55Methionin(L55M)およびGlutamine192Arginine(Q192R)多型と酵素活性および酸化低密度リポタンパク質(oxLDL)との関連を検討した。本研究では、イランのホラマバードにあるShahid Madani病院に紹介された145人の健常者と154人のアテローム性動脈硬化症患者から血液検体を採取した。全血からゲノムデオキシリボ核酸(DNA)を抽出した。すべての被験者について、制限断片長多型-ポリメラーゼ連鎖反応(RFLP-PCR)を行い、L55MおよびQ192R多型の検出を行った。PON1酵素活性とoxLDLのレベルも評価した。PON1L55M,MM遺伝子型を有する被験者では、LL遺伝子型を有する被験者と比較して、動脈硬化症発症リスクが3.114倍に増加した(OR3.114;95%CI1.412-6.870)。PON1遺伝子のPON1Q192R多型は動脈硬化とは関連しなかった.アテローム性動脈硬化症の患者は,対照群と比較して有意に高い oxLDL と PON1 酵素活性の低下が認められた(P<0.05).遺伝子型の種類、酵素活性、oxLDLレベルとの間には関連性はなかった。PON1L55M多型とMM遺伝子型はイランの動脈硬化患者における冠動脈疾患(CAD)リスクの増加と関連していると結論づけられた。PON1Q192R多型とアテローム性動脈硬化症との関連は認められなかった。

The oxidative modification of low-density lipoprotein (LDL) in the arterial wall plays a pivotal role in the initiation and progression of atherosclerosis which is a complex and progressive disorder. Paraoxonase1 (PON1), which is required for lipid metabolism, is believed to protect LDL from oxidation. The relationship between PON1 gene Leusin55Methionin (L55M) and Glutamine192Arginine (Q192R) polymorphisms in western Iranians with atherosclerosis and its association with enzyme activity and oxidized low-density lipoprotein (oxLDL) were examined in the present study. In this study, blood specimens were collected from 145 healthy individuals and 154 patients with atherosclerosis proven by angiography referred to Shahid Madani Hospital, Khorramabad, Iran. Genomic deoxy ribonucleic acid (DNA) was extracted from whole blood. For all the subjects, restriction fragment length polymorphism-polymerase chain reaction (RFLP-PCR) was carried out for the detection of L55M and Q192R polymorphisms. PON1 enzyme activity and the level of oxLDL were also evaluated. There was a 3.114-fold increase in the risk of developing atherosclerosis in the subjects presenting the PON1L55M, MM genotype compared to those with the LL genotype (OR 3.114; 95% CI 1.412-6.870). PON1Q192R polymorphism in the PON1 gene was not associated with atherosclerosis. Patients with atherosclerosis had significantly higher oxLDL and reduced PON1 enzyme activity (P < 0.05) compared to the controls. There was no association between the type of genotype, enzyme activity, and oxLDL level. It has been concluded that PON1L55M polymorphism and MM genotype are associated with an increased risk of coronary artery disease (CAD) in Iranian patients with atherosclerosis. We did not find any relationship between PON1Q192R polymorphism and atherosclerosis.