会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

誰が最も長く発作を起こすか?臨床的因子と人口統計学的因子の影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Epilepsia.2020 Jun;doi: 10.1111/epi.16577.Epub 2020-06-21.

誰が最も長く発作を起こすか?臨床的因子と人口統計学的因子の影響

Who seizes longest? Impact of clinical and demographic factors.

  • Elisabeth Kaufmann
  • Magdalena Seethaler
  • Michael Lauseker
  • Min Fan
  • Christian Vollmar
  • Soheyl Noachtar
  • Jan Rémi
PMID: 32564369 DOI: 10.1111/epi.16577.

抄録

目的:

頭蓋内脳波(iEEG)記録からの正確な持続時間測定を用いて、二次性全般化の有無にかかわらず、焦点性発症発作の持続時間に対する臨床的および人口統計学的パラメータの影響を調査すること。

OBJECTIVE: To investigate the impact of clinical and demographic parameters on the duration of focal onset seizures with and without secondary generalization using precise duration measurements from intracranial electroencephalographic (iEEG) recordings.

方法:

単焦点てんかん症候群とiEEG記録を有する患者を、地域のてんかんセンターのデータベースからレトロスペクティブに同定した(2006年~2016年)。発作持続時間は、iEEG発作パターンの発症と停止の時間差として定義した。発作のセミオロジーはビデオ記録に基づいて分類した。臨床データと人口統計学的データは患者の報告書から抽出した。

METHODS: Patients with unifocal epilepsy syndromes and iEEG recording were retrospectively identified from the database of the local epilepsy center (2006-2016). Seizure duration was defined as time difference of iEEG seizure pattern onset and cessation. The seizure semiology was classified based on video recordings. Clinical and demographic data were extracted from patient reports.

結果:

合計69人の成人が含まれ、654回の焦点性発作が解析された。焦点性から両側性の強直間代発作(FBTCSs; 98/654)は、一般化しない焦点性発作(FS-BTCs; 556/654、P<.001)よりも有意に長く、ほとんどのFS(545/654、83.3%)は2分以内に終了した。FSの持続時間は患者の年齢の上昇とともに延長し(P=.003)、FBTCSへの進化により有意に短縮した(P<.001)。version (P=.015)やsign of four (P=.043)のような側方化記号を持つFBTCSは、より長い両側性強直間代性症状と関連していた。さらに、前兆、前頭由来、または睡眠中の発症を伴うFBTCSは、より短い傾向にあった。年齢(P<.001)と疾患期間(P=.028)はFS-BTCの持続時間の予測に不可欠であったが、警戒状態(P=.085)はFBTCSの持続時間の主な予測因子であった。

RESULTS: In total, 69 adults were included, and 654 focal onset seizures were analyzed. Focal to bilateral tonic-clonic seizures (FBTCSs; 98/654) were significantly longer than focal seizures (FSs) without generalization (FS-BTCs; 556/654, P < .001), and most FSs (545/654, 83.3%) terminated within 2 minutes. The duration of FSs was prolonged with increasing age of the patients (P = .003) and was significantly shortened (P < .001) by evolution into an FBTCS. FBTCSs with lateralizing semiologies like version (P = .015) and sign of four (P = .043) were associated with longer bilateral tonic-clonic manifestations. Furthermore, FBTCSs with preceding aura, frontal origin, or onset during sleep were by trend shorter. Age (P < .001) and disease duration (P = .028) were essential for prediction of FS-BTC duration, whereas the vigilance state (P = .085) was the main prediction factor for the duration of FBTCSs.

意義:

発作時間の修飾因子として同定されたものは、特に二次性全般性発作を伴う側頭葉てんかんを患う高齢のてんかん患者において、臨床的リスク評価に大いに関連している。

SIGNIFICANCE: The identified modifiers of seizure duration are of great relevance for clinical risk evaluation, especially in the aging epilepsy patient suffering from temporal lobe epilepsy with secondary generalized seizures.

© 2020 The Authors. Epilepsia published by Wiley Periodicals LLC on behalf of International League Against Epilepsy.