会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

イネ科の高移動度グループA(HMGA)タンパク質への洞察。ホモログ研究のためのインシリコ・アプローチ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Comput Biol Chem.2020 Jun;87:107306. S1476-9271(19)30584-5. doi: 10.1016/j.compbiolchem.2020.107306.Epub 2020-06-10.

イネ科の高移動度グループA(HMGA)タンパク質への洞察。ホモログ研究のためのインシリコ・アプローチ

Insights into high mobility group A (HMGA) proteins from Poaceae family: An in silico approach for studying homologs.

  • Archana Pal Negi
  • Ratnesh Singh
  • Anupma Sharma
  • Vishal Singh Negi
PMID: 32559639 DOI: 10.1016/j.compbiolchem.2020.107306.

抄録

高移動度群(HMG)タンパク質は、主要なアーキテクチャータンパク質である。HMGタンパク質の中でも高移動度群A(HMGA)は、AT-hook(ATH)モチーフを特徴とし、ATリッチDNAに親和性を持つ。本研究では、インシリコ法を用いて、イネ科の植物HMGAの特徴を明らかにした。イネ HMGA のタンパク質配列を検索し、イネ科の HMGA に対応するオルソログを抽出した。系統解析の結果、イネ科HMGAの3つの主要な進化的クラッドが同定され、そのATHモチーフ解析の結果、クラッド1とクラッド2のHMGAは、クラッド2のHMGAを除いて、高親和性DNA結合ドメインを欠いていることが明らかになった。また、クレード2のHMGAは、すべてのスペーサーの長さと最後のATHに続くC末端尾の長さが高度に保存されていた。さらに、クレード2のHMGAのC末端尾は、他のどのクレードのHMGAよりも小さい。クレード2とは異なり,イネ科HMGAの他のクラッドはスペーサーの長さに高い変動性を示した.また、イネ科のHMGAは、異なるクラッドのHMGA間でいくつかの違いがあるにもかかわらず、H1/H5ドメインが高度に保存されていることが明らかになった。本研究により、イネ科HMGAの詳細な解析が明らかになり、イネ科HMGAの正確な生物学的機能や分子機構の解明を目指した更なる研究に役立つものと考えられる。

High mobility group (HMG) proteins are the major architectural proteins. Among HMG proteins, High Mobility Group A (HMGA) is characterized by AT-hook (ATH) motifs, which have an affinity for AT-rich DNA. In this study, we characterized the plant HMGAs from the Poaceae family using in silico methods. The protein sequences for rice HMGAs were retrieved and the corresponding orthologs from grasses were extracted. The phylogenetic analysis identified three major evolutionary clades of grass HMGAs and their ATH motif analysis revealed that HMGAs from clade 1 and 2, except for clade 2 HMGAs, are devoid of high-affinity DNA-binding domain. The clade 2 HMGAs also displayed a highly conserved length of all the spacers and the length of the C-terminal tail following the last ATH. Moreover, the C-terminal tail in clade 2 HMGAs is smaller than HMGAs from any other clade. Unlike clade 2, other clades of Poaceae HMGAs displayed high variability in the length of spacers. Despite several differences among HMGAs of different clades in Poaceae, the H1/H5 domain was found to be highly conserved. This study has revealed the detailed analyses of Poaceae HMGAs and it will be useful for further investigation aiming at the determination of precise biological functions and molecular mechanisms of grass HMGAs.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Ltd.