会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

漢方薬Radix Paeoniae Rubraがアラキドン酸経路のPTGS2を調節して慢性骨盤内炎症疾患を改善するメカニズムの研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biomed. Pharmacother..2020 Jun;129:110052. S0753-3322(20)30243-2. doi: 10.1016/j.biopha.2020.110052.Epub 2020-06-16.

漢方薬Radix Paeoniae Rubraがアラキドン酸経路のPTGS2を調節して慢性骨盤内炎症疾患を改善するメカニズムの研究

Research on the mechanism of Chinese herbal medicine Radix Paeoniae Rubra in improving chronic pelvic inflammation disease by regulating PTGS2 in the arachidonic acid pathway.

  • Xiao-Hong Li
  • Yan-Ru Liu
  • Da-Hai Jiang
  • Zhi-Shu Tang
  • Da-Wei Qian
  • Zhong-Xing Song
  • Lin Chen
  • Xin-Bo Shi
  • Ning-Juan Yang
  • Ya-Feng Yan
  • Ai-Bing Chang
PMID: 32559618 DOI: 10.1016/j.biopha.2020.110052.

抄録

Radix Paeoniae Rubra(RPR)は抗炎症作用を持つ漢方薬で、慢性骨盤内炎症性疾患(CPID)治療に用いられてきました。しかし、CPID治療におけるRPRのメカニズムに関する研究は不足している。ここでは、ネットワークファーマコロジー法を用いてターゲットをスクリーニングしたところ、アラキドン酸(AA)経路のPTGS2ターゲットがCPIDと有意に関連していることがわかりました。次に、その分子機構について、RPRがPTGS2標的を制御することでCPIDの発症を抑制する可能性があることをさらに確認した。CPIDラットモデルは、混合細菌感染により樹立した。PTGS2の発現は、免疫組織化学的解析、PTGS2タンパク質の発現を検出するウエスタンブロットアッセイ、PTGS2 mRNAの発現を検出するポリメラーゼ連鎖反応により確認した。その結果、異なる用量でのRPR投与後にPTGS2標的が有意に減少することが観察された。RPRはCPIDラットにおけるPTGS2の異常発現を逆転させることが示唆された。RPRはCPIDの治療に有効であり、RPRはAA経路におけるPTGS2のレベルを調節することでCPIDの炎症症状を軽減することができると考えられる。

Radix Paeoniae Rubra (RPR) is a traditional Chinese medicine with anti-inflammatory effects that has been used in chronic pelvic inflammation disease (CPID) therapy. However, research on the mechanism of RPR in CPID therapy is lacking. Here, we used a network pharmacology method to screen targets and found that the PTGS2 target in the arachidonic acid (AA) pathway was significantly related to CPID. Then, regarding the molecular mechanism, it was further confirmed that RPR may reduce the development of CPID by regulating the PTGS2 target. The CPID rat model was established by mixed bacterial infection. We verified the expression of PTGS2 by immunohistochemical analysis, western blotting assays to detect the expression of PTGS2 protein, and polymerase chain reaction detection of PTGS2 mRNA expression. It was observed that the PTGS2 target decreased significantly after RPR administration at different doses. It is suggested that RPR can reverse the abnormal expression of PTGS2 in CPID rats. We believe that RPR is effective in the treatment of CPID, and RPR can reduce the inflammatory symptoms of CPID by regulating the level of PTGS2 in the AA pathway.

Copyright © 2020 The Authors. Published by Elsevier Masson SAS.. All rights reserved.