会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

母体の肥満と子孫の心血管疾患のリスク:集団ベースのコホートおよび兄弟姉妹対照研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Lancet Diabetes Endocrinol.2020 07;8(7):572-581. S2213-8587(20)30151-0. doi: 10.1016/S2213-8587(20)30151-0.

母体の肥満と子孫の心血管疾患のリスク:集団ベースのコホートおよび兄弟姉妹対照研究

Maternal obesity and risk of cardiovascular diseases in offspring: a population-based cohort and sibling-controlled study.

  • Neda Razaz
  • Eduardo Villamor
  • Giulia M Muraca
  • Anna-Karin Edstedt Bonamy
  • Sven Cnattingius
PMID: 32559473 DOI: 10.1016/S2213-8587(20)30151-0.

抄録

背景:

母体の過体重と肥満は、子孫の脂肪率と心血管疾患および代謝性疾患のリスクを高める可能性があります。我々は、母親の過体重と肥満の重症度と若い子孫の心血管疾患のリスクとの関連を調べました。

BACKGROUND: Maternal overweight and obesity might increase risks of adiposity and cardiovascular and metabolic diseases in offspring. We examined associations between maternal overweight and obesity severity and risk of cardiovascular diseases in young offspring.

方法:

この集団ベースのコホート研究では、スウェーデンのMedical Birth Registerに記録された生の単身出生からのデータを使用した。最初の出生前訪問時に自己申告した身長と体重の測定値から妊娠初期の母親のBMIを算出した。多変量Cox比例ハザード回帰を用いて、調整ハザード比(HR)と95%CIを推定した。我々は、心血管疾患も予測する肥満の既知の結果を介して媒介された関連の割合を計算し、家族症例対照分析を行った。

METHODS: In this population-based cohort study, we used data from live singleton births recorded in the Swedish Medical Birth Register. We calculated maternal BMI in early pregnancy from self-reported height and weight measurements at the first prenatal visit. We used multivariable Cox proportional hazards regression to estimate adjusted hazard ratios (HRs) and 95% CIs. We calculated the proportion of the associations mediated through known consequences of obesity that also predicted cardiovascular diseases and did family case-control analyses.

発見事項:

1992 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日までの間に登録されたスウェーデンの生の単子乳児 2230115 例(先天性奇形なし)を同定した。全体では,1741 例(0~08%)の子孫が 1~25 歳の間に心血管疾患と診断された.母親のBMIカテゴリー別の心血管疾患率は、10000歳児あたり0-57(BMI18-5-24-9kg/m、正常体重)、10000歳児あたり0-61(25-0-29-9kg/m、過体重)、0-10000人の子供年あたり67人(30-0-34-9kg/m、肥満度I)、10000人の子供年あたり1-02人(35-0-39-9kg/m、肥満度II)、および10000人の子供年あたり1-38人(≥40-0kg/m、肥満度III)。正常なBMIを持つ母親の子孫と比較して、心血管疾患のHRは、太りすぎの場合は1-10(95% CI 0-97-1-25)、1-肥満度Iは16(0-95-1-43)、肥満度IIは1-84(1-36-2-49)、肥満度IIIは2-51(1-60-3-92)であった。脳血管疾患のリスクは、母体の肥満度とともに増加し、部分的には窒息症に関連した新生児合併症を介して仲介された。兄弟コホート解析では、母親のBMIと心血管疾患率の間に正の傾向を示した。

FINDINGS: We identified 2 230 115 live singleton infants (without congenital malformations) in Sweden registered between Jan 1, 1992, and Dec 31, 2016. Overall, 1741 (0·08%) offspring were diagnosed with a cardiovascular disease between ages 1 and 25 years. Cardiovascular disease rates by maternal BMI categories were 0·57 per 10 000 child-years (BMI 18·5-24·9 kg/m; normal weight), 0·61 per 10 000 child-years (25·0-29·9 kg/m; overweight), 0·67 per 10 000 child-years (30·0-34·9 kg/m; obesity grade I), 1·02 per 10 000 child-years (35·0-39·9 kg/m; obesity grade II), and 1·38 per 10 000 child-years (≥40·0 kg/m; obesity grade III). Compared with offspring of mothers with normal BMI, HRs of cardiovascular diseases were 1·10 (95% CI 0·97-1·25) for overweight, 1·16 (0·95-1·43) for obesity grade I, 1·84 (1·36-2·49) for obesity grade II, and 2·51 (1·60-3·92) for obesity grade III. Risks of cerebrovascular diseases increased with maternal obesity severity and were partly mediated through asphyxia-related neonatal complications. The sibling-cohort analysis also indicated a positive trend between maternal BMI and cardiovascular disease rates.

解釈:

私たちの知見は、母親の肥満が小児期と早期成人期の心血管疾患の危険因子である可能性があることを示している。これらの結果は、複製され、特定された可能性のある基礎となるメカニズムをする必要があります。

INTERPRETATIONS: Our findings indicate that maternal obesity might be a risk factor for cardiovascular diseases in childhood and early adulthood. These results need to be replicated and possible underlying mechanisms identified.

資金調達:

スウェーデン健康・勤労生活・福祉研究評議会。

FUNDING: Swedish Research Council for Health, Working Life and Welfare.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.