会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

高リスク食道静脈瘤患者に対するβ遮断薬治療の反応性を評価するための脾臓硬直度測定 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Hepatol Int.2020 Jun;10.1007/s12072-020-10062-w. doi: 10.1007/s12072-020-10062-w.Epub 2020-06-15.

高リスク食道静脈瘤患者に対するβ遮断薬治療の反応性を評価するための脾臓硬直度測定

Spleen stiffness measurement for assessing the response to β-blockers therapy for high-risk esophageal varices patients.

  • Giovanni Marasco
  • Elton Dajti
  • Federico Ravaioli
  • Luigina Vanessa Alemanni
  • Fabiana Capuano
  • Kamela Gjini
  • Luigi Colecchia
  • Giovanni Puppini
  • Caterina Cusumano
  • Matteo Renzulli
  • Rita Golfieri
  • Davide Festi
  • Antonio Colecchia
PMID: 32557193 DOI: 10.1007/s12072-020-10062-w.

抄録

背景:

非選択的β遮断薬(NSBB)療法は、出血リスクの高い食道静脈瘤(HRV)を有する肝硬変患者の一次予防のために選択される治療法である。NSBBに対する血行動態の反応は肝静脈圧勾配(HVPG)の測定によって評価される。最近、HVPGの非侵襲的なサロゲートとして、肝臓と脾臓のスティフネス測定(LSMとSSM)が提案されている。我々は、これらの患者の血行動態を評価するために LSM と SSM の変化を評価することを目的とした。

BACKGROUND: Non-selective β-blocker (NSBB) therapy is the treatment of choice for primary prophylaxis of cirrhotic patients with high-bleeding risk esophageal varices (HRV). The hemodynamic response to NSBB is assessed by the measurement of the hepatic venous pressure gradient (HVPG). Recently, liver and spleen stiffness measurements (LSM and SSM) were proposed as non-invasive surrogates of HVPG. We aimed to evaluate LSM and SSM changes for assessing hemodynamic response in these patients.

方法:

肝硬変患者をプロスペクティブに登録し、NSBB開始前と3ヶ月後に当科で評価した。NSBB治療後のHVPGの変化(デルタ)と一過性エラストグラフィによるLSMまたはSSMの変化(デルタ)との間に相関関係を検討した結果、SSMは非侵襲的に信頼性の高い非侵襲的エラストグラフィであると考えられた。

METHODS: Cirrhotic patients with HRV were prospectively enrolled and evaluated at our Department before starting NSBB and after 3 months. Correlation between changes (delta) of HVPG after NSBB treatment and those of LSM or SSM by transient elastography was performed.

結果:

本研究で検討された最初の59人の患者から、最終的に20人の患者が解析に含まれた。15例(15例)の患者は、HVPGに応じてNSBBに対する血行動態反応を示した。LSMの変化は、SSMの変化(r=0.784、p値<0.0001)とは異なり、HVPGの変化と相関しなかった(r=0.107、p値=0.655)。デルタSSMはHVPG反応者の同定において優れた精度を示した(AUROC 0.973; 95% CI 0.912-1)。デルタSSMで反応者を同定するための最良のカットオフは-10%(感度100%、特異度60%、NPV100%、PPV90%)であった。

RESULTS: From the initial 59 patients considered for the study, 20 were finally included in the analysis. Fifteen (15) patients reached hemodynamic response to NSBB according to HVPG. Changes in LSM did not correlate with changes in HVPG (r = 0.107, p value = 0.655), unlike changes in SSM (r = 0.784, p value < 0.0001). Delta SSM presented excellent accuracy in identifying HVPG responders (AUROC 0.973; 95% CI 0.912-1). The best cut-off for delta SSM to identify responders was -10% (sensitivity 100%, specificity 60%, NPV 100% and PPV 90%).

結論:

SSMは、HRVの一次予防としてNSBB治療に対する血行動態反応を評価するための信頼性の高い非侵襲的検査であると考えられた。HVPGと同様に、SSMを10%以上減少させることで血行力学的反応を評価することができます。

CONCLUSIONS: SSM could be a reliable non-invasive test for the assessment of hemodynamic response to NSBB therapy as primary prophylaxis for HRV. Similar to HVPG, SSM reduction ≥ 10% is able to assess hemodynamic response.