国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

メディケアによる医療条件のバンドル支払いの 3 年後の支出と質:準実験的差異研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMJ.2020 06;369:m1780. doi: 10.1136/bmj.m1780.Epub 2020-06-17.

メディケアによる医療条件のバンドル支払いの 3 年後の支出と質:準実験的差異研究

Spending and quality after three years of Medicare's bundled payments for medical conditions: quasi-experimental difference-in-differences study.

  • Joshua A Rolnick
  • Joshua M Liao
  • Ezekiel J Emanuel
  • Qian Huang
  • Xinshuo Ma
  • Eric Z Shan
  • Claire Dinh
  • Jingsan Zhu
  • Erkuan Wang
  • Deborah Cousins
  • Amol S Navathe
PMID: 32554705 PMCID: PMC7298619. DOI: 10.1136/bmj.m1780.

抄録

目的:

入院から退院後90日までのケアのエピソード中のすべての支出に対して病院が財政的責任を負うという米国の病状に対するBPCI(bundled payments for care initiative)への長期的な参加が、支出、死亡率、または医療サービス利用の変化と関連しているかどうかを評価すること。

OBJECTIVE: To evaluate whether longer term participation in the bundled payments for care initiative (BPCI) for medical conditions in the United States, which held hospitals financially accountable for all spending during an episode of care from hospital admission to 90 days after discharge, was associated with changes in spending, mortality, or health service use.

デザイン:

準実験的差異分析.

DESIGN: Quasi-experimental difference-in-differences analysis.

設定:

急性心筋梗塞、うっ血性心不全、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎に対するバンドルペイメントに参加している米国の病院と、参加していない病院の傾向スコアをマッチングさせた。

SETTING: US hospitals participating in bundled payments for acute myocardial infarction, congestive heart failure, chronic obstructive pulmonary disease (COPD), or pneumonia, and propensity score matched to non-participating hospitals.

参加者:

BPCI(Bundled Payments for Care Improvement initiative)に参加している238の病院と、1415の非BPCI病院。226のBPCI病院と700の非BPCI病院が一致した。

PARTICIPANTS: 238 hospitals participating in the Bundled Payments for Care Improvement initiative (BPCI) and 1415 non-BPCI hospitals. 226 BPCI hospitals were matched to 700 non-BPCI hospitals.

主な成果測定:

一次アウトカムは、エピソードへの総支出と退院後90日後の死亡であった。二次アウトカムには、急性期後のケアの種類別の支出と利用が含まれていた。BPCI病院と非BPCI病院を患者、病院、病院の市場特性によって比較した。市場特性には、人口規模、競争力、急性期後のベッド供給が含まれた。

MAIN OUTCOME MEASURES: Primary outcomes were total spending on episodes and death 90 days after discharge. Secondary outcomes included spending and use by type of post-acute care. BPCI and non-BPCI hospitals were compared by patient, hospital, and hospital market characteristics. Market characteristics included population size, competitiveness, and post-acute bed supply.

結果:

226のBPCI病院でのケアエピソード数は、ベースライン期間で261163、治療期間で93562であったのに対し、700の非BPCI病院ではそれぞれ211208、78643であり、マッチング後の病院と市場の特徴にはわずかな差があった。一部の患者特性では傾向の違いが見られた(例:BPCI病院での平均年齢変化-0.3年、非BPCI病院での平均年齢変化-0.3年、P<0.001)。調整分析では、BPCIへの参加は総エピソード支出の減少と関連していた(-1.2%、95%信頼区間-2.3%~-0.2%)。熟練看護施設でのケアへの支出は施設日数の減少により減少し(-6.3%、-10.0%→-2.5%)、在宅医療への支出は増加した(4.4%、1.4%→7.5%)。90日目の死亡率に変化はなかった(-0.1%ポイント、95%信頼区間-0.5~0.2%ポイント)。

RESULTS: In the 226 BPCI hospitals, episodes of care totaled 261 163 in the baseline period and 93 562 in the treatment period compared with 211 208 and 78 643 in the 700 matched non-BPCI hospitals, respectively, with small differences in hospital and market characteristics after matching. Differing trends were seen for some patient characteristics (eg, mean age change -0.3 years at BPCI hospitals non- BPCI hospitals, P<0.001). In the adjusted analysis, participation in BPCI was associated with a decrease in total episode spending (-1.2%, 95% confidence interval -2.3% to -0.2%). Spending on care at skilled nursing facilities decreased (-6.3%, -10.0% to -2.5%) owing to a reduced number of facility days (-6.2%, -9.8% to -2.6%), and home health spending increased (4.4%, 1.4% to 7.5%). Mortality at 90 days did not change (-0.1 percentage points, 95% confidence interval -0.5 to 0.2 percentage points).

結論:

米国で行われている医療バンドル支払いに関する大規模な国家的プログラムの長期評価では、4つの一般的な病状のバンドルへの参加は、3年後の貯蓄と関連していた。この節約は、質に影響を与えることなく、退院後の高強度ケアの使用を減らすような実践の変化によってもたらされた。

CONCLUSIONS: In this longer term evaluation of a large national programme on medical bundled payments in the US, participation in bundles for four common medical conditions was associated with savings at three years. The savings were generated by practice changes that decreased use of high intensity care after hospital discharge without affecting quality, which also suggests that bundles for medical conditions could require multiple years before changes in savings and practice emerge.

© Author(s) (or their employer(s)) 2019. Re-use permitted under CC BY-NC. No commercial re-use. See rights and permissions. Published by BMJ.