国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

プライマリーケアにおけるオピオイド危機?Bangholm GP Practiceにおける高用量オピオイド処方の監査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Br J Gen Pract.2020 Jun;70(suppl 1). bjgp20X711581. doi: 10.3399/bjgp20X711581.

プライマリーケアにおけるオピオイド危機?Bangholm GP Practiceにおける高用量オピオイド処方の監査

Opioid crisis in primary care? An audit of high-dose opioid prescribing at Bangholm GP Practice.

  • Charlotte Greene
  • Alice Pearson
PMID: 32554680 DOI: 10.3399/bjgp20X711581.

抄録

背景:

オピオイドは急性疼痛や緩和的疼痛に効果的な鎮痛薬であるが、長期的な疼痛緩和のエビデンスはない。また、オピオイドには過剰摂取や依存などの大きなリスクがある。にもかかわらず、オピオイドは慢性疼痛に処方されることが増えている。英国では、オピオイドの処方は1998年から2018年の間に2倍以上に増加している。

BACKGROUND: Opioids are effective analgesics for acute and palliative pain, but there is no evidence base for long-term pain relief. They also carry considerable risks such as overdose and dependence. Despite this, they are increasingly prescribed for chronic pain. In the UK, opioid prescribing more than doubled between 1998 and 2018.

エイム:

Bangholm GP Practiceにおける高強度オピオイド処方の規模を把握するための監査。監査の目的は、初診時の適応症、処方期間、ディスカッション、初診時の文書化、レビュープロセスがベスト・プラクティス・ガイドラインと一致しているかどうかを確認することであった。

AIM: An audit at Bangholm GP Practice to understand the scale of high-strength opioid prescribing. The aim of the audit was to find out if indications, length of prescription, discussion, and documentation at initial consultation and review process were consistent with best-practice guidelines.

方法:

2019年7月1日から2019年10月1日までの間にオピオイド相当量≧50mgのモルヒネを1日平均量処方された患者を対象としたScottish Therapeutics Utilityの検索で、メタドン、がん性疼痛、緩和的処方を除く。Faculty of Pain Medicineのベスト・プラクティス・ガイドラインを使用した。

METHOD: A search on Scottish Therapeutics Utility for patients prescribed an average daily dose of opioid equivalent ≥50 mg morphine between 1 July 2019 and 1 October 2019, excluding methadone, cancer pain, or palliative prescriptions. The Faculty of Pain Medicine's best-practice guidelines were used.

結果:

人口動態:60人(女性37人),平均年齢62歳,28%がオピオイドの処方を繰り返していると登録されており,38%がうつ病を併発していた。処方期間:平均6年、57%が5年以上、22%が10年以上。オピオイド52%がトラマドール、23%が2種類のオピオイドを服用していた。

RESULTS: Demographics: 60 patients (37 females), average age 62, 28% registered with repeat opioid prescription, 38% comorbid depression. Length of prescription: average 6 years, 57% >5 years, 22% >10 years. Opioid: 52% tramadol, 23% on two opioids.

指標:

腰痛(42%)、変形性関節症(12%)、線維筋痛症(10%)。初診時。7%の患者が結果に同意し、35%の患者がフォローアップを受けた。

INDICATIONS: back pain (42%), osteoarthritis (12%), fibromyalgia (10%). Initial consultation: 7% agreed outcomes, 35% follow-up documented.

レビュー:

4週56%、過去1年で70%。

REVIEW: 56% 4-week, 70% past year.

結論:

オピオイド処方ガイドラインが守られていない。重要な問題点は、慢性疼痛、特に腰痛に対する長期処方、新規患者が繰り返し処方を受けて登録すること、治療の結果が合意されていないことである。患者情報シート、オピオイドを服用している新規患者への1ヶ月間の再診の義務化、手術中の痛みの紹介などの変化が導入されている。

CONCLUSION: Opioid prescribing guidelines are not followed. The significant issues are: long-term prescriptions for chronic pain, especially back pain; new patients registering with repeat prescriptions; and no outcomes of treatment agreed, a crucial message is the goal is pain management rather than relief. Changes have been introduced at the practice: a patient information sheet, compulsory 1-month review for new patients on opioids, and in-surgery pain referrals.

© British Journal of General Practice 2020.