会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

病原体とウイルスエフェクタータンパク質による細胞外ISG15シグナル伝達の変調 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cell Rep.2020 06;31(11):107772. S2211-1247(20)30752-X. doi: 10.1016/j.celrep.2020.107772.

病原体とウイルスエフェクタータンパク質による細胞外ISG15シグナル伝達の変調

Modulation of Extracellular ISG15 Signaling by Pathogens and Viral Effector Proteins.

  • Caleb D Swaim
  • Larissa A Canadeo
  • Kristen J Monte
  • Swati Khanna
  • Deborah J Lenschow
  • Jon M Huibregtse
PMID: 32553163 PMCID: PMC7297157. DOI: 10.1016/j.celrep.2020.107772.

抄録

ISG15はユビキチン様修飾因子であり、細胞外でも機能し、ナチュラルキラー(NK)細胞やT"Zs_A0細胞からのインターフェロン(IFN)-γ放出を促進するためにLFA-1インテグリンを介してシグナル伝達を行っている。細胞外ISG15の産生につながるシグナルとその2つのコア機能の関係は明らかになっていません。我々は、上皮細胞とリンパ球の両方がISG15を分泌し、その分泌物がLFA-1を発現する細胞に自己分泌的または副分泌的にシグナルを送ることを明らかにした。微生物病原体やToll様受容体(TLR)アゴニストは、IFN-β依存性と非依存性の両方でISG15を分泌し、ISG15の分泌に必要な残基がマッピングされています。細胞内のISG15は分泌を阻害し、ウイルスエフェクター蛋白質であるインフルエンザB NS1とSARS-CoV-2 PLを含むウイルス脱ISG化酵素はISG15の分泌に反対の影響を与えることが明らかになった。これらの結果は、細胞外ISG15が初期の自然免疫応答とIFN-γ依存性免疫応答の橋渡しをするサイトカイン様タンパク質であることを証明し、病原体がISG15の細胞内機能と細胞外機能を異なる形で阻害するように進化してきたことを示している。

ISG15 is a ubiquitin-like modifier that also functions extracellularly, signaling through the LFA-1 integrin to promote interferon (IFN)-γ release from natural killer (NK) and T cells. The signals that lead to the production of extracellular ISG15 and the relationship between its two core functions remain unclear. We show that both epithelial cells and lymphocytes can secrete ISG15, which then signals in either an autocrine or paracrine manner to LFA-1-expressing cells. Microbial pathogens and Toll-like receptor (TLR) agonists result in both IFN-β-dependent and -independent secretion of ISG15, and residues required for ISG15 secretion are mapped. Intracellular ISGylation inhibits secretion, and viral effector proteins, influenza B NS1, and viral de-ISGylases, including SARS-CoV-2 PL, have opposing effects on secretion of ISG15. These results establish extracellular ISG15 as a cytokine-like protein that bridges early innate and IFN-γ-dependent immune responses, and indicate that pathogens have evolved to differentially inhibit the intracellular and extracellular functions of ISG15.

Copyright © 2020 The Author(s). Published by Elsevier Inc. All rights reserved.