会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

液晶ディスプレイ(LCD)照射型3Dプリンタに適用可能な自由ラジカル/カチオン性感光性樹脂の設計と合成 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Polymers (Basel).2020 Jun;12(6). E1346. doi: 10.3390/polym12061346.Epub 2020-06-15.

液晶ディスプレイ(LCD)照射型3Dプリンタに適用可能な自由ラジカル/カチオン性感光性樹脂の設計と合成

Design and Synthesis of Free-Radical/Cationic Photosensitive Resin Applied for 3D Printer with Liquid Crystal Display (LCD) Irradiation.

  • Junyang Shan
  • Zijun Yang
  • Guoguang Chen
  • Yang Hu
  • Ying Luo
  • Xianming Dong
  • Wenxu Zheng
  • Wuyi Zhou
PMID: 32549217 DOI: 10.3390/polym12061346.

抄録

本研究では、液晶ディスプレイ(LCD)照射によるUV硬化型3Dプリントプロセスを目指して、新規なフリーラジカル/カチオンハイブリッド感光性樹脂を設計・作製した。試験の結果、アクリル酸モノマーはフリーラジカル重合が可能であり、エポキシドはカチオン重合が可能であることがわかった。紫外線硬化の過程で、アクリレートポリマーとエポキシドポリマーは架橋され、さらに非共有結合によって一緒にロックされた。そのため、光硬化型の3Dプリンティングプロセスにより、ポリマーネットワーク(IPN)構造を形成することができた。フーリエ変換赤外分光法(FT-IR)により、3,4-エポキシシクロヘキシルメチル-3,4-エポキシシクロヘキシルギ酸塩とアクリル樹脂は、いずれも紫外線硬化プロセスにうまく関与していることが明らかになった。さらに、3Dプリント対象物を完全に硬化させるためには、後処理が非常に重要であることがわかった。印刷物の動的機械的特性を系統的に検討した結果、UV照射後の加熱処理工程は、イルガキュア261によって誘導されたUV-6110のカチオン重合を完全に硬化させるために非常に必要であり、好ましいことが示された。最適な加熱処理条件は、70℃の温度で3時間の加熱処理で達成された。

In this work, aiming at a UV-curing 3D printing process with liquid crystal display (LCD) irradiation, a novel free-radical/cationic hybrid photosensitive resin was designed and prepared. After testing, the results showed that the acrylate monomers could be polymerized through a free-radical mechanism, while the epoxides were polymerized by a cationic curing mechanism. During the process of UV-curing, the acrylate and epoxide polymers were crosslinked and further locked together by non-covalent bonds. Therefore, an interpenetrating polymer network (IPN) structure could be formed through light-curing 3D-printing processes. Fourier transform infrared spectroscopy (FT-IR) revealed that the 3,4-epoxy cyclohexyl methyl-3,4-epoxy cyclohexyl formate and acrylic resin were both successfully involved in the UV-curing process. Furthermore, in order to make the 3D-printed objects cured completely, post-processing was of great importance. The results from the systematic study of the dynamic mechanical properties of the printed objects showed that the heating treatment process after UV irradiation was very necessary and favorable for the complete cationic polymerization of UV-6110 induced by Irgacure 261. The optimum heating treatment conditions were achieved at a temperature of 70 °C for 3 h.