国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

飲み込んだアルギン酸塩の遠位食道粘膜への付着の持続時間:食道疾患の局所療法への示唆 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Aliment. Pharmacol. Ther..2020 Aug;52(3):442-448. doi: 10.1111/apt.15884.Epub 2020-06-16.

飲み込んだアルギン酸塩の遠位食道粘膜への付着の持続時間:食道疾患の局所療法への示唆

Duration of adhesion of swallowed alginates to distal oesophageal mucosa: implications for topical therapy of oesophageal diseases.

  • Shirley Sonmez
  • Cathal Coyle
  • Daniel Sifrim
  • Philip Woodland
PMID: 32548849 DOI: 10.1111/apt.15884.

抄録

背景:

我々は以前に、アルギン酸塩溶液が模擬胃液に曝露された食道粘膜生検に対して局所的な保護効果を有することができることを、ex vivoで示した。食道粘膜インピーダンスは、イオン性溶液が存在するとインピーダンスが低下し、溶液がクリアになるとベースラインまで上昇するため、イオン性溶液が粘膜に付着している時間を測定することができます。

BACKGROUND: We have previously shown, ex vivo, that alginate solutions can have a topical protective effect on oesophageal mucosal biopsies exposed to simulated gastric juice. Oesophageal mucosal impedance can measure the duration of mucosal adherence of ionic solutions since the impedance drops when the solution is present, and rises to baseline as the solution clears.

エイム:

飲み込んだアルギン酸ナトリウム溶液の遠位食道粘膜への付着時間のin vivoでの持続時間を調査すること。

AIM: To investigate the in vivo duration of adhesion of swallowed alginate solution to distal oesophageal mucosa.

方法:

健康なボランティア 20 名と胸焼け患者 10 名を調査した。pHインピーダンスカテーテルを挿入し、ベースライン遠位チャネル食道インピーダンスを測定した。健康なボランティアには、アルギン酸ナトリウム(ガビスコン・アドバンス)、ガビスコン・プラセボ(アルギン酸なし)、または粘性スラリー(生理食塩水にスクラロースを混合したもの)のいずれかを10mLずつ、無作為化単盲検の順序で3回の来院にわたって投与した。患者は2回の来院時にアルギン酸ナトリウムまたはプラセボのいずれかを受けた。最初のインピーダンス低下を測定し、その後、ベースラインへの回復率が75%以上になるまで、1分ごとに1分間の平均インピーダンスを測定した。

METHODS: We studied 20 healthy volunteers and 10 patients with heartburn. A pH-impedance catheter was inserted, and baseline distal channel oesophageal impedance measured. Healthy volunteers received 10 mL of either sodium alginate (Gaviscon Advance), Gaviscon placebo (no alginate) or viscous slurry (saline mixed with sucralose), given in a randomised, single-blinded order over three visits. Patients received either sodium alginate or placebo on two visits. Initial impedance drop was measured, then 1-minute mean impedance was measured each minute until ≥75% recovery to baseline.

結果:

健康なボランティアにおいて、アルギン酸ナトリウムの食道粘膜への付着時間は、プラセボや粘性スラリーよりも長かった(10.4 [8.7]分 vs 1.1 [1.6] vs 3.6 [4.0]、P<0.01)。患者では、アルギン酸ナトリウムはプラセボよりも長い時間、食道粘膜に付着した(9.0[5.4]分 vs 3.7[4.1]分、P<0.01)。

RESULTS: In healthy volunteers, sodium alginate adhered to the oesophageal mucosa for longer than placebo or viscous slurry (10.4 [8.7] minutes vs 1.1 [1.6] vs 3.6 [4.0], P < 0.01). In patients, sodium alginate adhered to the oesophageal mucosa for longer than placebo (9.0 (5.4) vs 3.7 (4.1), P < 0.01).

結論:

アルギン酸ナトリウム溶液は、プラセボや粘性スラリーよりも有意に長い時間、食道粘膜に付着しました。このことは、アルギン酸塩が粘膜接着による保護効果をもたらす可能性があることを示しており、食道疾患における外用保護剤や外用薬物送達のさらなる開発の基礎となる可能性があることを示しています。

CONCLUSIONS: Sodium alginate solution adhered to the oesophageal mucosa for significantly longer than placebo or viscous slurry. This demonstrates that alginates could confer a protective benefit due to mucoadhesion and can be a basis for further development of topical protectants and for topical drug delivery in oesophageal disease.

© 2020 The Authors. Alimentary Pharmacology & Therapeutics published by John Wiley & Sons Ltd.