会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

外科的に切除された非小細胞肺癌における予後を左右するラジオ免疫シグネチャーの同定に関するデータセット | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Data Brief.2020 Aug;31:105781. S2352-3409(20)30675-2. doi: 10.1016/j.dib.2020.105781.Epub 2020-06-02.

外科的に切除された非小細胞肺癌における予後を左右するラジオ免疫シグネチャーの同定に関するデータセット

Dataset on the identification of a prognostic radio-immune signature in surgically resected Non Small Cell Lung Cancer.

  • Giulia Mazzaschi
  • Gianluca Milanese
  • Paolo Pagano
  • Denise Madeddu
  • Letizia Gnetti
  • Francesca Trentini
  • Angela Falco
  • Caterina Frati
  • Bruno Lorusso
  • Costanza Lagrasta
  • Roberta Minari
  • Luca Ampollini
  • Mario Silva
  • Nicola Sverzellati
  • Federico Quaini
  • Giovanni Roti
  • Marcello Tiseo
PMID: 32548224 PMCID: PMC7286984. DOI: 10.1016/j.dib.2020.105781.

抄録

がんの成長と退行の免疫制御は、最近の免疫療法の成功によって強調されている。免疫の微小環境因子が臨床転帰や治療効果に影響を与える可能性については、まだ詳細な調査が必要である。ここでは、「Integrated CT Imaging and Tissue Immune Features Disclose a Radio-immune Signature with High Prognostic Impact on Surgically Resected NSCLC」という研究論文[1]の裏付けとなるデータを紹介する。非侵襲的な予後スコアを提供することを究極の目的として、60例の外科的切除NSCLCのコホートにおいて、異なるTumor Immune Microenvironment(TIME)プロファイルとCT画像由来の質的特徴(意味的特徴、CT-SF)および量的特徴(ラジオミック特徴、CT-RF)を相関させるアプローチについて報告する。プログラム死リガンド-1(PD-L1)と腫瘍浸潤リンパ球(TIL)のスコア評価に基づく有名なTIMEの特徴付けは、プログラム死受容体1(PD-1)の解析を含むエフェクターとサプレッサーの表現型の評価によって実施された。したがって、我々は、2つの主要なTILを定義した:ホット炎症(PD-L1、CD8/CD3およびPD-1/CD8)と、コールド不活性(PD-L1、CD8/CD3およびPD-1/CD8)とは対照的に、ホット炎症(PD-L1、CD8/CD3およびPD-1/CD8)である。重要なことは、拡張論文[1]で報告されているように、これらの特徴的な免疫コンテクストは異なる予後クラスを識別し、ラジオノミクスによって解読されたことである。我々のラジオミクスアプローチを裏付けるために、60のNSCLCと13の非腫瘍組織から抽出されたCT-RFの比較評価を行い、高い識別能力を証明した。さらに、定性的な放射線学的特徴と臨床病理学的パラメータおよびTIMEパラメータとの関連性を検証した。これらの結果から、CT-SFとCT-RFが肺癌の特定のパターンを覆っている可能性が示唆された。

The immune regulation of cancer growth and regression has been underscored by the recent success of immunotherapy. The possibility that immune microenvironmental factors may impact on clinical outcome and treatment response still requires intense investigations. Hereby, supporting data of the research article "Integrated CT Imaging and Tissue Immune Features Disclose a Radio-Immune Signature with High Prognostic Impact on Surgically Resected NSCLC" [1], are presented. With the ultimate aim to provide non-invasive prognostic scores, we report on our approach to correlate different Tumor Immune Microenvironment (TIME) profiles with CT imaging-derived qualitative (semantic, CT-SFs) and quantitative (radiomic, CT-RFs) features in a cohort of 60 surgically resected NSCLC. The renowned characterization of TIME, essentially based on the score evaluation of Programme Death Ligand-1 (PD-L1) and Tumor Infiltrating Lymphocytes (TILs), was implemented here by the assessment of effector and suppressor phenotypes including the analysis of Programme Death receptor 1 (PD-1). Thus, we defined two main TIME categories: hot inflamed (PD-L1, CD8/CD3 and PD-1/CD8) as opposed to cold inactive (PD-L1, CD8/CD3and PD-1/CD8). Importantly, as reported in the extended publication [1], these distinctive immune contextures identified different prognostic classes and were decoded by radiomics. To corroborate our radiomic approach, a comparative estimation of CT-RFs extracted from 60 NSCLC and 13 non neoplastic tissues was undertaken, documenting high discrimination ability. Moreover, we tested the potential association of qualitative radiologic features with clinico-pathological and TIME parameters. Taken together, our findings suggest that CT-SFs and CT-RFs may underlay specific patterns of lung cancer.

© 2020 Published by Elsevier Inc.