会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

子供の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症度の指標としての親の懸念 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Pediatr. Otorhinolaryngol..2020 May;136:110144. S0165-5876(20)30287-1. doi: 10.1016/j.ijporl.2020.110144.Epub 2020-05-28.

子供の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症度の指標としての親の懸念

Parental concern as an indicator of the severity of Obstructive Sleep Apnea in children.

  • Mali Lavi
  • Riva Tauman
  • Michal Greenfeld
  • Gadi Fishman
  • Oshri Wasserzug
  • Ari DeRowe
PMID: 32544642 DOI: 10.1016/j.ijporl.2020.110144.

抄録

序論:

子供の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)のスクリーニングの質問は「あなたの子供はいびきをかいていますか」と受け入れられています。しかし、これは重症度との相関関係がありません。この研究の目的は、Polysomnography (PSG)によって測定された子供の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の重症度を予測するために親の懸念の程度を反映した簡単な2項目の質問票を評価することです。

INTRODUCTION: An accepted screening question for Obstructive Sleep Apnea (OSA) in children is "Does your child snore". However, this has no correlation to severity. The purpose of this study is to evaluate a simple 2-item questionnaire that reflects the degree of parental concern to predict the severity of Obstructive Sleep Apnea (OSA) in children as measured by Polysomnography (PSG).

方法:

OSAが疑われるためにPSGを紹介された子供に関する親の懸念についてのプロスペクティブ分析。研究対象となったすべての小児の保護者は、我々が考案した簡単な親の懸念尺度(PCS)質問票と、有効性が確認された小児睡眠質問票-睡眠関連呼吸障害質問票(PSQ-SRBD)に記入した。PCSは、手術の必要性に関する1つの質問と、子どもの呼吸に関する懸念に関する1つの質問で構成されていた。両方の質問票をPSGの結果と比較した。

METHODS: Prospective analysis of parental concern regarding their children referred for PSG due to suspected OSA. Parents of all study children completed the brief Parental Concern Scale (PCS) questionnaire that we devised and the validated Pediatric Sleep Questionnaire-Sleep-Related Breathing Disorder questionnaire (PSQ-SRBD). The PCS consisted of 1 question on the need for surgery and 1 question on concerns about the child's breathing. Both questionnaires were compared to PSG results.

結果:

95人の小児(平均年齢4.2±2.5歳、男性52%、平均ボディマス指数zスコア0.45±1.8)を募集した。23人(24%)の小児が中等度・重度のOSAを有しており、腺扁桃腺摘出術を紹介された。手術の必要性と無呼吸・低呼吸指数(r=0.22、P=0.029)、平均SpO2値(r=0.24、P=0.02)の間には相関関係が認められた。PSGによる中等度・重度OSAの診断の可能性は、手術の必要性に対する親の順位が高くなるにつれて増加した(P=.003)。手術の必要性スコアは中等度重症OSAの唯一の予測因子であった(P=.039)。

RESULTS: Ninety-five children (mean age 4.2 ± 2.5 years, 52% males, mean body mass index z score 0.45 ± 1.8) were recruited. Twenty-three children (24%) had moderate-severe OSA and were referred for adenotonsillectomy. Correlations were found between the need for surgery score and the apnea-hypopnea index (r = 0.22, P = .029), as well as the mean SpO2 levels (r = -0.24, P = .02). The likelihood for the diagnosis of moderate-severe OSA by PSG increased as parental ranking for the need for surgery increased (P = .003). The need for surgery score was the only predictor for moderate-severe OSA (P = .039).

結論:

子供の手術の必要性について両親に質問することは、PSGへの紹介の優先順位を決める際に臨床医に役立つ実用的で使いやすいツールである。

CONCLUSION: Querying parents on their perception of their child's need for surgery is a practical, and easy-to-use tool that can help the clinician in prioritizing referral to PSG.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.