会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

中国における小児SARS-CoV-2感染症の臨床的および疫学的特徴。多施設共同症例シリーズ. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS Med..2020 06;17(6):e1003130. PMEDICINE-D-20-00779. doi: 10.1371/journal.pmed.1003130.Epub 2020-06-16.

中国における小児SARS-CoV-2感染症の臨床的および疫学的特徴。多施設共同症例シリーズ.

Clinical and epidemiological characteristics of pediatric SARS-CoV-2 infections in China: A multicenter case series.

  • Che Zhang
  • Jiaowei Gu
  • Quanjing Chen
  • Na Deng
  • Jingfeng Li
  • Li Huang
  • Xihui Zhou
PMID: 32544155 PMCID: PMC7297312. DOI: 10.1371/journal.pmed.1003130.

抄録

背景:

2020年4月18日現在、世界的にコロナウイルス感染症2019(COVID-19)と診断された患者数は200万人を超え、14万人以上の死亡例が報告されている。成人患者の臨床的特徴や疫学的特徴は、最近になって文書化されてきた。しかし、小児患者に関する情報は限られている。小児における COVID-19 の早期診断と評価に貴重な知見を提供するために,小児患者の臨床的特徴と疫学的特徴を記述する.

BACKGROUND: As of April 18, 2020, over 2,000,000 patients had been diagnosed with coronavirus disease-2019 (COVID-19) globally, and more than 140,000 deaths had been reported. The clinical and epidemiological characteristics of adult patients have been documented recently. However, information on pediatric patients is limited. We describe the clinical and epidemiological characteristics of pediatric patients to provide valuable insight into the early diagnosis and assessment of COVID-19 in children.

方法と結果:

このレトロスペクティブな観察研究では、中国西部の 4 つの病院で行われた症例シリーズを対象としている。COVID-19を有する34例の小児患者を、2020年1月27日から2月23日までの期間に対象とした。最終フォローアップ訪問は2020年3月16日までに完了した。人口統計学的データ、病歴、臨床検査、放射線所見、治療情報に基づいて、臨床的および疫学的特徴を分析した。データ解析を行ったのは、1~144カ月齢のCOVID-19の小児科患者34例(中央値33.00、離散値範囲10.00~94.25)で、そのうち男性14例(41%)が含まれていた。本研究では、すべての患者が軽度(18%)または中等度(82%)のCOVID-19を呈していた。患者の48%は、特定された感染源への曝露歴がないことが指摘された。他の呼吸器病原体の混合感染が16例(47%)で報告された。併存疾患は6例(18%)で報告された。最も一般的な初期症状は発熱(76%)と咳(62%)であった。喀痰(21%)、嘔吐(12%)、下痢(12%)もかなりの割合で報告された。血清アミロイドAは17例(データのある20例中85%)、高感度C反応性蛋白は17例(データのある29例中59%)で大幅な増加が認められたが、プレアルブミンは25例(データのある32例中78%)で減少していた。また、乳酸脱水素酵素およびα-ヒドロキシ酪酸脱水素酵素の有意な増加が、それぞれ28人(データありの34人中82%)および25人(データありの34人中74%)で認められた。小葉にパッチ状の病変が胸部CTスキャンで検出されたのは28人の患者(82%)であった。成人では典型的な特徴であったグラウンドグラスの不透明性は、小児ではまれであった(3%)。急速な放射線学的進行と小葉の病変の晩発パターンも認められた。退院した24例(32例中75%)に小葉病変が残存していたが,治療後数日で主症状は消失した。全例退院し,入院期間の中央値は10.00日(8.00~14.25日)であった。今回の研究はサンプル数が少ないことと、炎症マーカーの動的検出ができなかったことが限界であった。

METHODS AND FINDINGS: This retrospective, observational study involves a case series performed at 4 hospitals in West China. Thirty-four pediatric patients with COVID-19 were included from January 27 to February 23, 2020. The final follow-up visit was completed by March 16, 2020. Clinical and epidemiological characteristics were analyzed on the basis of demographic data, medical history, laboratory tests, radiological findings, and treatment information. Data analysis was performed for 34 pediatrics patients with COVID-19 aged from 1 to 144 months (median 33.00, interquartile range 10.00-94.25), among whom 14 males (41%) were included. All the patients in the current study presented mild (18%) or moderate (82%) forms of COVID-19. A total of 48% of patients were noted to be without a history of exposure to an identified source. Mixed infections of other respiratory pathogens were reported in 16 patients (47%). Comorbidities were reported in 6 patients (18%). The most common initial symptoms were fever (76%) and cough (62%). Expectoration (21%), vomiting (12%), and diarrhea (12%) were also reported in a considerable portion of cases. A substantial increase was detected in serum amyloid A for 17 patients (among 20 patients with available data; 85%) and in high-sensitivity C-reactive protein for 17 patients (among 29 patients with available data; 59%), whereas a decrease in prealbumin was noticed in 25 patients (among 32 patients with available data; 78%). In addition, significant increases in the levels of lactate dehydrogenase and α-hydroxybutyrate dehydrogenase were detected in 28 patients (among 34 patients with available data; 82%) and 25 patients (among 34 patients with available data; 74%), respectively. Patchy lesions in lobules were detected by chest computed tomographic scans in 28 patients (82%). Ground-glass opacities, which were a typical feature in adults, were rare in pediatric patients (3%). Rapid radiologic progression and a late-onset pattern of lesions in the lobules were also noticed. Lesions in lobules still existed in 24 (among 32 patients with lesions; 75%) patients that were discharged, although the main symptoms disappeared a few days after treatment. All patients were discharged, and the median duration of hospitalization was 10.00 (8.00-14.25) days. The current study was limited by the small sample size and a lack of dynamic detection of inflammatory markers.

結論:

本研究では、小児のCOVID-19患者の臨床的特徴と疫学的特徴、および転帰を体系的に提示した。軽症と中等症の間で層別分析を行った。これらの知見は、小児COVID-19患者の早期発見と早期介入のための新たな知見を提供するものである。

CONCLUSIONS: Our data systemically presented the clinical and epidemiological features, as well as the outcomes, of pediatric patients with COVID-19. Stratified analysis was performed between mild and moderate cases. The findings offer new insight into early identification and intervention in pediatric patients with COVID-19.