会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

エストロゲン-プロゲスチン経口避妊薬とニコチン暴露は、相乗的に雌のWistarラットの心筋再生保護を与える | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Biomed. Pharmacother..2020 Jun;129:110387. S0753-3322(20)30580-1. doi: 10.1016/j.biopha.2020.110387.Epub 2020-06-12.

エストロゲン-プロゲスチン経口避妊薬とニコチン暴露は、相乗的に雌のWistarラットの心筋再生保護を与える

Estrogen-progestin oral contraceptive and nicotine exposure synergistically confers cardio-renoprotection in female Wistar rats.

  • O S Michael
  • C L Dibia
  • O A Adeyanju
  • K S Olaniyi
  • E D Areola
  • L A Olatunji
PMID: 32540646 DOI: 10.1016/j.biopha.2020.110387.

抄録

タバコを吸うか、ニコチン置換療法を受けている閉経前の女性の約 50% は、ホルモン避妊薬、特に経口エストロゲン-プロゲスチンにもあります。経口エストロゲン-黄体ホルモン療法は、非アジポース組織への脂質の流入を引き起こし、特に心臓と腎臓でNa/K -ATPase活性を損なうインスリン抵抗性(IR)を促進することが報告されています。しかし、エストロゲン-黄体ホルモン療法に伴う過剰脂質やNa/K -ATPase活性の変化に対するニコチンの影響は十分には解明されていない。そこで本研究では、エストロゲン-黄体ホルモン療法中のニコチンの心・腎脂質流入とNa/K -ATPase活性への影響を調べることを目的とした。24匹の雌Wistarラットを4群(n=6/群)に分け、ビヒクル、ニコチン(1.0mg/kg)、エストロゲン-プロゲスチンステロイド(1.0μg エチニルエストラジオール、5.0μg レボノルゲストレル)の有無にかかわらず、エストロゲン-プロゲスチンのみを毎日6週間投与した。データによると、エストロゲン-プロゲスチン治療またはニコチン暴露は、IR、高インスリン血症、心臓および腎臓の尿酸、マロンジアルデヒド、トリグリセリド、グリコーゲン合成酵素キナーゼ-3、プラスミノーゲンアクチベーターインヒビター-1、ビリルビンおよび循環エストラジオールの減少を引き起こしました。エストロゲン-プロゲスチン治療は心臓のNa/K-ATPase活性を低下させたが、ニコチンはNa/K-ATPase活性を変化させなかったが、血漿および組織のコチニンを増加させた。腎のNa/K-ATPase活性は治療によって変化しなかった。しかし、これらの変化は、エストロゲン-プロゲスチン経口投与とニコチンの併用投与で逆転した。本研究は、エストロゲン-プロゲスチン経口投与とニコチンの併用により、心・腎脂質蓄積、酸化ストレス、炎症、Na/K-ATPase活性が改善され、IR関連の心・腎毒性が相乗的に防止されることを示しています。

Approximately fifty percent of premenopausal women who smoke cigarettes or on nicotine replacement therapy are also on hormonal contraceptives, especially oral estrogen-progestin. Oral estrogen-progestin therapy has been reported to promote insulin resistance (IR) which causes lipid influx into non-adipose tissue and impairs Na/K -ATPase activity, especially in the heart and kidney. However, the effects of nicotine on excess lipid and altered Na/K -ATPase activity associated with the use of estrogen-progestin therapy have not been fully elucidated. This study therefore aimed at investigating the effect of nicotine on cardiac and renal lipid influx and Na/K -ATPase activity during estrogen-progestin therapy. Twenty-four female Wistar rats grouped into 4 (n = 6/group) received (p.o.) vehicle, nicotine (1.0 mg/kg) with or without estrogen-progestin steroids (1.0 μg ethinyl estradiol and 5.0 μg levonorgestrel) and estrogen-progestin only daily for 6 weeks. Data showed that estrogen-progestin treatment or nicotine exposure caused IR, hyperinsulinemia, increased cardiac and renal uric acid, malondialdehyde, triglyceride, glycogen synthase kinase-3, plasminogen activator inhibitor-1, reduced bilirubin and circulating estradiol. Estrogen-progestin treatment led to decreased cardiac Na/K-ATPase activity while nicotine did not alter Na/K-ATPase activity but increased plasma and tissue cotinine. Renal Na/K-ATPase activity was not altered by the treatments. However, all these alterations were reversed following combined administration of oral estrogen-progestin therapy and nicotine. The present study therefore demonstrates that oral estrogen-progestin therapy and nicotine exposure synergistically prevents IR-linked cardio-renotoxicity with corresponding improvement in cardiac and renal lipid accumulation, oxidative stress, inflammation and Na/K-ATPase activity.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Masson SAS.