会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

11CUCB-J PETを用いた健常ラットと線条体損傷ラットのシナプスSV2Aタンパク質密度のin vivoイメージング | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Cereb. Blood Flow Metab..2020 Jun;:271678X20931140. doi: 10.1177/0271678X20931140.Epub 2020-06-14.

11CUCB-J PETを用いた健常ラットと線条体損傷ラットのシナプスSV2Aタンパク質密度のin vivoイメージング

In vivo imaging of synaptic SV2A protein density in healthy and striatal-lesioned rats with [11C]UCB-J PET.

  • Majken B Thomsen
  • Jan Jacobsen
  • Thea P Lillethorup
  • Anna C Schacht
  • Mette Simonsen
  • Marina Romero-Ramos
  • David J Brooks
  • Anne M Landau
PMID: 32538280 DOI: 10.1177/0271678X20931140.

抄録

シナプスの機能的に活性な数は神経の完全性の指標となり、神経変性疾患ではその減少が観察された。11C]UCB-Jは、分泌小胞に位置するシナプス小胞2A(SV2A)膜貫通タンパク質に結合する。11C]UCB-JのPETを用いて、神経変性疾患モデルラットにおける大脳シナプスSV2A密度の生体内バイオマーカーとして評価することを目的とした。11C]UCB-J PETと動脈血採取を行った。我々は、[11C]UCB-Jの脳内取り込み動態を記述した異なるモデルを比較し、その地域分布を決定した。ブロッキング試験は、抗てんかん薬SV2Aアンタゴニストであるレベチラセタム(LEV)を用いて実施した。トレーサー結合は、6-ヒドロキシドパミン(6-OHDA)とキノリン酸(QA)で誘導されたパーキンソン病とハンチントン病の齧歯類片側急性病変モデルにおいて測定された。3H]UCB-Jオートラジオグラフィーを死後組織で行った。ラット脳では、LEVにより最大80%まで遮断された状態で、[11C]UCB-Jの取り込みとウォッシュアウトが高速で高値を示した。11C]UCB-JのPETによる同側線条体SV2A結合は6-OHDA後に6.2%減少し、中等度・高用量QA後には39.3%と55.1%減少することがオートラジオグラフィーで確認された。以上のことから、[11C]UCB-J PETは、シナプスSV2A密度のin vivoでの良好なマーカーとなり、神経変性モデルにおける神経保護剤に対するシナプス反応を経時的に追跡することが可能であると考えられる。

The number of functionally active synapses provides a measure of neural integrity, with reductions observed in neurodegenerative disorders. [11C]UCB-J binds to synaptic vesicle 2A (SV2A) transmembrane protein located in secretory vesicles. We aimed to assess [11C]UCB-J PET as an in vivo biomarker of regional cerebral synaptic SV2A density in rat lesion models of neurodegeneration. Healthy anesthetized rats had [11C]UCB-J PET and arterial blood sampling. We compared different models describing [11C]UCB-J brain uptake kinetics to determine its regional distribution. Blocking studies were performed with levetiracetam (LEV), an antiepileptic SV2A antagonist. Tracer binding was measured in rodent unilateral acute lesion models of Parkinsonism and Huntington's disease, induced with 6-hydroxydopamine (6-OHDA) and quinolinic acid (QA), respectively. [3H]UCB-J autoradiography was performed in postmortem tissue. Rat brain showed high and fast [11C]UCB-J uptake and washout with up to 80% blockade by LEV. [11C]UCB-J PET showed a 6.2% decrease in ipsilateral striatal SV2A binding after 6-OHDA and 39.3% and 55.1% decreases after moderate and high dose QA confirmed by autoradiography. In conclusion, [11C]UCB-J PET provides a good in vivo marker of synaptic SV2A density which can potentially be followed longitudinally along with synaptic responses to putative neuroprotective agents in models of neurodegeneration.