会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

新たに診断された膠芽腫に対するテモゾロミド時代の放射線増感剤 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurooncol Pract.2020 Jun;7(3):268-276. npz057. doi: 10.1093/nop/npz057.Epub 2019-11-30.

新たに診断された膠芽腫に対するテモゾロミド時代の放射線増感剤

Radiosensitizers in the temozolomide era for newly diagnosed glioblastoma.

  • Peter Mathen
  • Lindsay Rowe
  • Megan Mackey
  • DeeDee Smart
  • Philip Tofilon
  • Kevin Camphausen
PMID: 32537176 PMCID: PMC7274183. DOI: 10.1093/nop/npz057.

抄録

膠芽腫(GBM)は、ほとんどすべての患者が予後不良である難しい診断である。術後放射線療法(RT)の生存率の優位性は十分に確立されているが、約90%の患者はRTで失敗する。局所的に失敗する可能性が高いことから、臨床転帰を改善するためにはRTの有効性を改善する必要があることが示唆されている。放射線増感剤は、薬剤を添加することによりRT細胞の殺傷力を高める確立された方法である。放射線増感剤を用いた試験の大部分は歴史的に失敗に終わっているが、様々なアプローチが採用されており、関心が続いている。上皮成長因子受容体阻害薬、ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬、血管新生阻害薬、その他多くの分子標的薬が、テモゾロミド時代の放射線増感の潜在的な方法として研究されてきた。毒性と生存率の両方の点で結果は様々であるが、バルプロ酸やボルテゾミブのようないくつかの薬剤は有望な結果を示している。しかし、新たにGBMと診断された患者を対象とした第2相試験の結果報告には一貫性がなく、無増悪生存期間や毒性の報告基準もない。新薬の研究は急務であるが、過去25年間のGBM患者を対象としたほぼすべての第3相試験では、転帰の改善が認められていない。この理由の一つとして、十分な前臨床データがない薬剤の選択、および/または設計が不十分な第2相試験に基づいていることが提案されている。放射線増感剤は、新たに診断されたGBM患者の転帰を改善するための実行可能な戦略である可能性があり、有望な第2相試験データを有する薬剤を用いた更なる研究が必要である。

Glioblastoma (GBM) is a challenging diagnosis with almost universally poor prognosis. Though the survival advantage of postoperative radiation (RT) is well established, around 90% of patients will fail in the RT field. The high likelihood of local failure suggests the efficacy of RT needs to be improved to improve clinical outcomes. Radiosensitizers are an established method of enhancing RT cell killing through the addition of a pharmaceutical agent. Though the majority of trials using radiosensitizers have historically been unsuccessful, there continues to be interest with a variety of approaches having been employed. Epidermal growth factor receptor inhibitors, histone deacetylase inhibitors, antiangiogenic agents, and a number of other molecularly targeted agents have all been investigated as potential methods of radiosensitization in the temozolomide era. Outcomes have varied both in terms of toxicity and survival, but some agents such as valproic acid and bortezomib have demonstrated promising results. However, reporting of results in phase 2 trials in newly diagnosed GBM have been inconsistent, with no standard in reporting progression-free survival and toxicity. There is a pressing need for investigation of new agents; however, nearly all phase 3 trials of GBM patients of the past 25 years have demonstrated no improvement in outcomes. One proposed explanation for this is the selection of agents lacking sufficient preclinical data and/or based on poorly designed phase 2 trials. Radiosensitization may represent a viable strategy for improving GBM outcomes in newly diagnosed patients, and further investigation using agents with promising phase 2 data is warranted.

Published by Oxford University Press 2019.