国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ハイブリッドラピッド口蓋エキスパンダーとフェイスマスクを併用した初期III級治療 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int Orthod.2020 Jun;S1761-7227(20)30063-2. doi: 10.1016/j.ortho.2020.05.002.Epub 2020-06-10.

ハイブリッドラピッド口蓋エキスパンダーとフェイスマスクを併用した初期III級治療

Early class III treatment with hybrid rapid palatal expander combined with facemask.

  • Luca Lombardo
  • Paolo Albertini
  • Francesca Cervinara
  • Luca Brucculeri
  • Giuseppe Siciliani
PMID: 32534993 DOI: 10.1016/j.ortho.2020.05.002.

抄録

背景:

クラスIIIの患者は上顎の欠損および/または下顎の予後が特徴であり、早期の治療が必要である。

BACKGROUND: Class III patients are characterized by a deficiency of the maxilla and/or a prognathism of the mandible and require early treatment.

ダイアグノシス:

この症例報告では、骨格的にIII級の関係があり、下顎骨の右側への著しい下顎骨シンフォシスの偏位があり、下顎角の高さが異なっている5歳の患者さんの治療を紹介しています。

DIAGNOSIS: This case report describes the treatment of a 5-year-old patient with a skeletal class III relationship, a significant mandibular symphysis deviation towards the right side and a different height of the mandibular angles.

経営と成果:

ミニスクリュー、フェイスマスク、アライナーを組み合わせたラピッド上顎エクスパンダーで治療した。矯正治療終了時には、機能的にも審美的にも改善された顔貌の咬合が確立されました。この患者の治療前、治療後、1年間の保存記録を提示した。

MANAGEMENT AND OUTCOME: The patient was treated with rapid maxillary expander combined with miniscrew, facemask and aligners. A functional and aesthetic occlusion in an improved facial profile was established at the end of the orthodontic treatment. Pre-treatment, post-treatment and one year retention records for the patient are presented.

DISCUSSION:

クラスIIIの患者は、従来のエキスパンダーの効果を最適化するために早期の治療が必要であり、その後、ハイブリッドアンカレッジにより、骨格を最大限に前進させることができました。また、歯の萌出スペースの損失や歯槽膿漏を回避することができました。第I期治療とアクティブリテーナーの良好な結果により、複雑な症例も第II期治療では比較的簡単なものになりました。

DISCUSSION: Class III patients require early treatment in order to optimize the traditional expander effects; subsequently hybrid anchorage allowed to maximize skeletal advancement. In addition, loss of space for the erupting teeth and dento-alveolar tipping were avoided. The good results of the phase I treatment and of the active retainer meant that a complex case would become relatively simple at the phase II treatment.

Copyright © 2020 CEO. Published by Elsevier Masson SAS. All rights reserved.