会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

胎児膜を保持している場合と保持していない場合の妊娠中および分娩中のウシ胎盤における選択されたグリコシダーゼの活性とそれらの基質の可用性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Reprod. Domest. Anim..2020 Jun;doi: 10.1111/rda.13747.Epub 2020-06-13.

胎児膜を保持している場合と保持していない場合の妊娠中および分娩中のウシ胎盤における選択されたグリコシダーゼの活性とそれらの基質の可用性

Activity of selected glycosidases and availability of their substrates in bovine placenta during pregnancy and parturition with and without retained foetal membranes.

  • Monika Jamioł
  • Jacek Wawrzykowski
  • Wioleta Mojsym
  • Martina Hoedemaker
  • Marta Kankofer
PMID: 32533870 DOI: 10.1111/rda.13747.

抄録

グリコシダーゼの活性は、胎児膜の着脱時に細胞の接着に重要な役割を果たす糖結合タンパク質の機能と生物学的活性に重要である。本研究の目的は、β-ガラクトシダーゼ、α-l-フコシダーゼ、β-N-アセチルヘキソサミニダーゼ、シアルダーゼの活性を、妊娠初期・中期、分娩時の胎児膜の離脱・保持状態で測定することにより、ウシ胎盤組織の異なる糖タンパク質のO-グリコシド結合を分解する能力を明らかにすることであった。さらに、胎盤ホモジネート中のこれらのグリコシダーゼの基質の利用可能性を評価した。胎盤サンプルは、と畜場での妊娠中(2~4 ヶ月)の牛(n=8)と帝王切開中の牛(n=8)から採取し、放出胎膜(n=8)と保持胎膜(n=8)に分けた。組織ホモジネートは、電気泳動分離と同様に、酵素活性の分光フッ素光度法および分光光度法による決定を受けた。酵素活性は、胎盤の胎児部ではβ-N-アセチルヘキソサミニダーゼ、α-l-フコシダーゼで、母体部では後者のみであったが、胎児部ではβ-N-アセチルヘキソサミニダーゼ、α-l-フコシダーゼでは妊娠と生理的分娩の間に有意な差(p<.05)を示し、検査時間内での変化を示した。また、α-l-フコシダーゼ活性には有意な差(p<.05)があり、胎児部では放出されたものに比べて酵素活性が低下する傾向が見られた。また、選択されたタンパク質に付着した糖鎖の染色分析から、組織内での糖分子の利用可能性が示唆されたが、そのパターンは試料間で異なっていた。以上のことから、共役タンパク質の糖鎖は妊娠中に変化し、その変化は胎盤グリコシダーゼ活性の変化に反映されていることが明らかになった。

The activity of glycosidases is crucial for the function and biological activity of proteins conjugated with sugar moieties, which play an important role in adhesion of cells during attachment and detachment of the foetal membranes. The aim of study was to describe the ability of bovine placental tissues to break down O-glycosidic bonds in different glycoproteins by the determination of activity of β-galactosidase, α-l-fucosidase, β-N-acetyl-hexosaminidase and sialidase in early-mid-pregnancy as well as at parturition with released and retained foetal membranes. Moreover, the availability of substrates for these glycosidases in placental homogenates was evaluated. Placental samples were collected from pregnant (2-4 months) cows in slaughterhouse (n = 8) as well as during Caesarean section and divided into released foetal membranes (n = 8) and retained foetal membranes (n = 8). Tissue homogenates were subjected to spectrofluorimetric and spectrophotometric determinations of enzyme activities as well as electrophoretic separations. Enzyme activities expressed changes within examined time with significant (p < .05) differences between pregnancy and physiological parturition in β-N-acetyl-hexosaminidase and α-l-fucosidase in foetal part of placenta while in maternal part only in the latter one. Decreasing tendency in enzyme activity was noticed in foetal part of retained samples in comparison with released ones with significant (p < .05) differences in α-l-fucosidase activity. The analysis of staining of sugar moieties attached to selected proteins depicted availability of sugar molecules in examined tissues, but their patterns differed between samples. In conclusion, sugar moieties in conjugated proteins express changes in the course of pregnancy which is reflected by the alterations in activities of placental glycosidases.

© 2020 Blackwell Verlag GmbH.